定年まで働ける路線バスドライバー

路線バスドライバーという職業の魅力は、何といっても定年まで働くことができる安定感にあります。

ドライバーの仕事の内容は路線バスを時間通りに運行することですが、車両のメンテナンスや清掃なども業務に含まれています。

また、乗客とのやり取りなどもあり、接客業の一面も持っています。

車椅子など体の不自由な人や高齢者、赤ちゃんを連れた人のサポートをすることもあります。

ドライバーとして働きたい時には、路線バスを運営している会社に就職するのが一般的です。

一度入社すると、そのまま定年まで勤めあげる人が多いと言われています。

収入は高収入とまでは言えませんが、勤務年数が増えるにつれて徐々に給与は上がっていく年功序列のシステムになっているところが多いので安定しています。

事故の有無などが人事評価のポイントになることも多いので、無事故で勤務を続けると収入がアップする場合もあります。

それから勤務実績や勤務態度なども評価の対象になるとされています。

バスを運転するには、大型二種免許が必要です。

最近では若者の車離れなどもあって免許を持っていない人も多く、ドライバーの需要は多くあります。

そのため大型二種免許を持っている人は求人も多いので、比較的就職しやすい状況になっています。

労働環境や雇用条件はそれぞれの会社によって違いますが、大型二種免許を持っている人や他の会社で勤務実績がある人などはより条件の良い会社を選ぶことができます。

また、運営会社によっては免許の取得費用を助成しているところもあります。

免許の取得費用を貸し付ける制度もあり、一定の期間勤務すれば費用の返済が免除になるという仕組みになっています。

最近では、この制度を利用してドライバーになる人も増えてきています。

ドライバーの勤務形態は勤務する会社によっても異なりますが、日曜日や祝日などもバスは運行しているので基本的に休日出勤があります。

また、深夜に運行していることもあるので、勤務時間も長めになっています。

路線バスのドライバーは同じオフィスにずっといるサラリーマンとは違って、職場の人と顔を合わせる機会がさほど多くありません。

そのため職場での人間関係のストレスは比較的少ないといえます。

また、乗客との触れ合いもあるので、接客をしたいという人にも向いている職業です。

ただし、事故を起こしてしまったり、飲酒運転や危険運転などをしてしまった場合には乗務停止になってしまうこともあります。

最悪の場合には解雇されてしまうこともあるので注意が必要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です