カッコイイ!大型トラックドライバーはこんなに魅力的

トラックドライバーにも様々な種類がありますが、その中でも大型トラックドライバーはひときわ目を引きます。

道路を走っているトラックを見て「かっこいい」とか「すごい」などと思ったことがある人も少なくはないでしょう。

そんな大型トラックドライバーの魅力はたくさんありますが、そのうちの一つは、給料です。

同じトラックでも、中型や小型を運転する人に比べて給料がいいのが特徴です。

大型のドライバーは、走る距離も長距離なります。

例えば東京から大阪や札幌から東京などといった距離を1晩から2晩ぐらいかけて走ることが多くなります。

もちろん大変な仕事ではありますが、その分給料が良くなります。

また運転技術が必要で、しかも免許取得も普通自動車に比べると簡単ではありません。

そのように考えると、だれでもその仕事に就けるわけではなく、特定の人しか就くことができない仕事ですので、給料が高いのもうなずけるでしょう。

ただし、会社によって勤務体系や給料は異なりますので、しっかりとその条件を確認しておくことが大事になります。

二つ目の魅力は、長距離運転です。

長距離運転の魅力は、日本全国の様々な景色を見ることができる点です。

また食べ物も日本各地名物がありますが、それらを食べることができることも魅力と言えるでしょう。

日本には四季があります。

同じ春でも、桜が満開のところとまだ桜が咲いていないところがありますが、長距離を走っていると地域によっての季節の移り変わりを感じることができるはずです。

夜車内で寝ているときも、南の方のパーキングエリアと北の方のパーキングエリアではずいぶんと気候が異なります。

そういったちょっとした季節の違いを感じることができることも

大型のトラックドライバーならではの魅力です。

最近は女性のドライバーが増えてきていますが、男性のみならず女性でも活躍することができる点です。

荷物の積み込みや積み下ろしなどの点で男性の職業といわれてきましたが、時代の流れとともに積み荷を一つ一つ積むのではなく、フォークリフトを使って積み込みや積み下ろしをするため、それほど荷物の面で体力を使うことがなくなってきました。

また、インターネットが発達し、個人の荷物が増えてきており、どちらかといえば小さな荷物が増えてきた傾向があります。

そのため、体力的な負担は小さくなりつつあり、男女の垣根はなくなってきているのが現状です。

国土交通省でトラガール促進プロジェクトを実施している点も見逃すことができません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です