キツそうだけど欠かせない!トラックドライバーの誇りとやりがい

キツそうだけど欠かせない!トラックドライバーの誇りとやりがい

クロネコヤマトのセールスドライバーが超過勤務をしており、それが常態化していたことが社会問題となり、会社側は残業代を過去にさかのぼって支給する等、働き方改革に力を入れています。

これはトラック業界では氷山の一角で、他の会社のドライバーも同じような思いをしている人は多いです。

またトラックのドライバーは割り当てられた荷物を配り終えないと仕事を終えられないという意味で、きつそうと思われるかもしれません。

しかし、実際にはやりがいを感じる仕事でもあります。

例えば、荷物をお客様のところに運ぶと、そのお客様がインターネット等で買った商品であれば、その到着を非常に楽しみにされていますので、配達すると、玄関まで笑顔で小走りで出てきて、荷物を受け取られます。

その時、「私、この商品が早くほしかったの。ありがとう」と声をかけて下さる方もいて、自分自身がサンタクロースになった気分になることもあります。

またトラックのドライバーは自分で仕事の段取りをして黙々とこなしていくことができるので、同僚とコミュニケーションをとるのが苦手な人でも、営業所でトップの成績をおさめる等、自分の苦手な部分を逆に長所として活かし、仕事ができるので、自分に誇りを持つことができます。

確かに、大きくて重い荷物などもありますが、台車を使う等することで、スムーズに運ぶことができます。

またそのような荷物でも、「この荷物の中にお客様の夢が詰まっている」と発想を転換することで、お客様が喜んで下さる顔を思い浮かべて運ぶことで、スムーズに仕事が進みます。

さらに、私は遠距離で荷物を運ぶことが多いのですが、トラックを走らせながら、その地域の風土や文化、自然環境を自然と楽しむことができ、仕事で遠方まで行きますが、実際には旅行気分になることも多いです。

特に昼食等は地域のB級グルメ等を低廉な価格で満喫することができ、非常に満足しています。

また、荷物を届けた先の地元の人に「公共の温泉」といった地域の人しか知らない秘湯を教えてもらい、湯船につかっていると運転してきた疲れがすっきりとれます。

仕事をしながら、小旅行気分を味わえるのはトラックドライバーならではの魅力です。

最後に、物の流通が激しい現代社会を支えているのは、トラックドライバーであるという自負があります。

良いものがあっても、それを求める人に届かなければ意味がないだけでなく、経済そのものが成り立たちません。

そのような意味で、現代社会を支えているのは僕たちドライバーだというやりがいを感じます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です