大きさでドライバーの働き方が変わる~大型トラックの役割とおすすめポイント~

日本の物流は世界の中でもトップレベルです。

小さな日本列島の中でも多くのトラックが走っており、しかも時間を厳守していることが多いため、ほかの国ではなかなか真似できないほど優秀なドライバーが多いのが物流の世界の特徴です。

物流も、狭い地域を走っている小型や中型のトラックから、長距離を走る大型トラックまで様々ありますが、この中で大型トラックドライバーにはどのような役割があるでしょうか。

まず、バンの大型のドライバーは、長距離を走ることが多くなります。

高速道路を使って時にはフェリーを利用し物流の一役を担っています。

北海道から大阪の方まで走ることも少なくありません。

ただ、最近はモーダルシフトといって、鉄道の貨物列車を利用して荷物を運び、貨物駅から荷物の中継地点まで大型車を動かすこともあります。

この場合、ドライバーとしては、長距離運転ではないため、比較的楽な部類になるでしょう。

同じ大型車でも、タンクローリーやキャリアカーなどもあります。

タンクローリーは長距離を走ることはありませんが、住宅の基礎となるコンクリートなどを運ぶことで、非常に重要な役割を果たしています。

キャリアカーは、自動車を運ぶことが主な任務ですが、長距離なることは少なく、地方都市と地方都市を結んだり、地方都市と首都圏を結ぶなどどちらかといえば中距離で活躍する車です。

トラックの中でも、ついに移り変わる景色を見たい人や、一人でいることが好きな人は、長距離のドライバーに向いています。

長距離のドライバーは、車で寝泊まりすることもありますので、どうしても孤独になりがちです。

ですが、皆でワイワイと行動するよりも、単独行動の方が自由を感じ、魅力的だと感じる人にとってはおすすめです。

また給料が高く、少しでも多く稼ぎたい人にとっては長距離のドライバーはよい選択肢といえるかもしれません。

一方で、短距離から中距離のドライバーは、朝方出発して夕方に帰宅するか、夜出社して朝方まで働くかが多くなります。

そのため外で何日も走らせるようなことはまずありません。

その日のうちに自宅に戻ることができる点がお勧めです。

例えば、まだ子供が小さく、泊まりの仕事だと配偶者に迷惑をかけてしまう場合などはおすすめになります。

また、腰痛などがあり、あまり長時間乗ることができない場合にも、短距離や中距離のルートであればそれほど負担は大きくありません。

このように、トラックにもさまざまな種類がありますので、就職をする場合は、それぞれの特徴を見極めてどの種類がいいかを考えておく必要があるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です