今さら聞けない普通自動車免許と二種免許の違い

普通自動車免許を取得していれば、日常生活をするうえで何のしい用も不便もありません。

普通指導者免許を持っていれば、宅配ドライバーや小型車両を利用して配送業務などを行うこともできます。

一般的に普通自動車免許といわれる免許が第一種運転免許と呼ばれ、それとはまた別に、第二種運転免許というものがあります。

第一種と第二種の違いは何でしょう。

大きな違いは「人、すなわちお客様を乗せて運転することが可能かどうか」という点にあります。

二種免許を取得することで、タクシーや小型送迎車両を運転することもできます。

そのため二種免許取得資格にはそれなりの高いハードルが用意されています。

ドライバーとしての経験年数や、視覚や聴覚、識別の判断や反射神経など、より高い身体的な能力も求められます。

免許の取得方法にはいく通りかありますが、お金も時間もかけたくない場合は、直接試験場にいって一発合格を目指すという方法が一番手っ取り早いですが、本番に弱い方にはかえって時間がかかってしまうかもしれません。

堅実なのは自動車学校に通い、決められた時間の実技と検定試験を受けて卒業する方法でしょう。

この場合、そこそこの時間とお金がかかりますので、どうしても二種免許、そして職業ドライバーを、という方には、タクシー会社などに就職して、そこで合宿方式で短時間に免許を取得するという、しかも費用は会社持ちでという、願ったりかなったりの方法もあります。

人それぞれですが、自分の懐具合や能力に合わせて、免許取得に挑戦してみるのがいいかもしれません。

苦労のかいもあって、運よく晴れて二種免許を取得された暁には、明るい未来が待っているはずです。

普通自動車免許の場合多くの人が持っている分、身分証明書程度にしか思われません。

それでも二種免許を所有して、職業ドライバーとして経験を積んでいけば、より条件のよい職場へとスキルアップも可能です。

いまひそかに、業績を伸ばしている職種として、お葬式全般を取り仕切る葬祭業がありますが、そこで使われる霊柩自動車の運転にも二種免許が必要です。

最近では特定のエリアだけを回る福祉バス(小型)、介護タクシーや有料老人ホームの車両などの運転手としても必要とされるこの頃です。

数ある資格や職種の中で、もっとも一般的に密接していながら高度な技術と安全を求められる、免許なのです。

職業ドライバーという職業の間口は広いですが、プロドライバーとして信頼されるのが二種ドライバーなのです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です