宅配で活躍する軽貨物トラックドライバーになるには

インターネット通販の利用者が増えているので、全国各地に荷物を届ける軽貨物トラックドライバーが不足気味になっています。

求人情報サイトで探すと、高待遇の募集を行っているところが多数あるので、気になるところがあれば、応募することをおすすめします。

宅配で活躍する軽貨物トラックドライバーになるためには、何らかの資格が必要なのかと気になる方もあるでしょうが、普通免許と、軽貨物を運ぶための車があればOKなので、誰でも気軽に始めることが出来ます。

普通免許はあるけれど、車はないという方は、リース車を手配してくれる会社の求人に応募すると良いでしょう。

会社の車を利用できるので、マイカーがなくても仕事をすることが出来ます。

軽貨物というのは、一人ではとても運べないような大型商品はほとんどなく、食料品や日用品などの比較的軽めの物ばかりなので、高齢者はもちろん、女性ドライバーも多く働いています。

健康で真面目な人であれば、年齢制限や性別は特に関係ないので、求人情報サイトで良い条件の募集を見つけたら、誰かに先を越される前に応募するようにしましょう。

仕事内容は就職した会社によって違うので、募集要項をよく読んでから応募するようにしてください。

近年はインターネット通販やテレビショッピング、ネットオークションの商品を、個人や法人のお客様のもとに届ける宅配の仕事が増えています。

狭い範囲の配送エリアに限られ、走行距離も短めのところで働けば、長距離移動で疲れることはないですし、ガソリン代も最低限で済むでしょう。

引越しのお手伝いをする仕事の場合は、大家族ではなく、主に一人暮らしをしている方の荷物を運ぶので、それほどたくさんの量があるわけではありません。

しかし家電や家具などは非常に重いので、それなりの体力が必要になります。

その代わりに軽い荷物しか運ばない宅配に比べると、高い給与をもらうことが出来ます。

荷物に高さがある場合は、それを運搬できるような、少し大きめのタイプの車両で仕事をしなければなりません。

他にも、ルート便やスポット便、チャーター便などの仕事もあります。

定期的に毎日決まったルートで取引先に配送を行うのがルート便で、単発で荷物を配送するのがスポット便になります。

チャーター便は、貸切契約を結んで目的地まで荷物を届ける仕事になので、軽貨物トラックドライバーといっても、それぞれ違ったタイプの仕事を行います。

どれも慣れればそれほど難しくはないので、まずは求人情報サイトで探してみるようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です