スキルアップを目指すトラックドライバー資格「運行管理者」の汎用性と難易度

スキルアップ

トラックやバス、タクシーなど営業用の自動車を運行している場合、最も重要なのは安全の確保です。

自動車運送事業者は、利用者の信頼に応えるために、安全で確実な輸送義務があるのです。

公共の道路を利用して、一般の車に交じって走行する場合、ハンドルを握っているドライバーに安全が委ねられています。

ドライバーが、常に健康な心身を保ち、高い安全知識を持っていることが大切なのです。

日本では、新規に参入する会社も多く、過当競争によってドライバーの環境が悪くなっているケースもあります。

ドライバーの環境が悪くなり、睡眠不足や体調不良などにより重大な事故も発生しています。

そのため、安全に対する社会的要求は一段と高まっているのです。

トラックやバス、タクシーなどの自動車運送業者は、安全運行のために必要なドライバーの勤務時間を把握して設定します。

安全運行を行うための体制作りは重要で、その中心的な役割を担っているのが運行管理者です。

安全な運行を確保するために設けられている国家資格が運行管理者です。

一定数以上の事業用自動車を所有している営業所では、運行管理者をおく義務があります。

原則的に、資格を持っている人でないと管理者として選任はされません。

試験の合格率は3割前後です。

運行管理者資格者証の交付を受けるには、試験に合格するか、事業用自動車の運行業務について、国で定めた一定の実務の経験とその他の要件を備えている必要があります。

事業用の自動車を運転する者の乗務割の作成や保守管理、指導、過積載の防止、健康状態の把握など、運行を管理する管理者の仕事は多岐にわたります。

平成25年5月の法改正において、所有するトラックが5両未満の営業所であっても、原則として有資格者の設置が義務となっています。

そのため、需要は増加しています。

資格を持っていると、内勤の転職などでも有利で、キャリアアップも狙えます。

担当者が会社を辞めてしまった場合、急募で求人を出す会社もあります。

会社内で運転手を管理するのが仕事なので、高齢になっても働くことが可能です。

最近は、通信教育で学べるようになっているので、休日や空いた時間を利用して、コツコツ勉強している人も少なくありません。

現在の通信教育は、昔と違ってパソコンやスマートフォンで学習することができるので、空いた時間を有効に活用することができます。

講義動画はスマートフォンでも見ることができるので、とても便利です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です