ドライバーを目指す人の心構えを伝授!

ドライバーを職業とする場合、その心構えはいくつかありますが、一つ目は安全運転を心掛けることです。

ドライバーは、必ず人を乗せるかものを載せるかのどちらかになります。

どちらを運ぶ場合でも安全に運転をしなければなりません。

安全に運転をするための心構えの一つは気持ちを落ち着かせることです。

ドライバーには必ず時間制限がつきまといます。

例えば路線バスの運転手であれば、時刻表がありますので、お客さんを困らせないために、できるだけ時刻表通りに運転をしなければいけません。

たとえ道路が混んでいて時間内に目的のバス停に到着できなくても、落ち着いて運転をする気持ちが重要です。

焦って運転をすると、車や人とぶつかる可能性もあります。

また、乗っている人の安全や荷物の安全を確保できない可能性も出てくるでしょう。

気持ち的に追い込まれたときほど、自分にとって何が大事なのかをよく考える必要があります。

当然大事なのは、安全に運転をし、目的地に到着をすることです。

ドライバーも長距離ドライバーであれば肉体労働の面が強くなります。

肉体労働ならば体力が必要になります。

普段から体力をつけるように歩いて通勤をしたり、休みの日はできるだけ家でゴロゴロせずウオーキングをするなど体動かして基礎体力を上げておくことが大事です。

睡眠時間も重要になります。

運送業者であれば、限られた時間の中で働いているのも事実です。

ですが、そんな時こそしっかりと睡眠をとり、運転中に居眠りをしたり、注意力散漫な状態で運転をしないことが重要です。

毎日自宅では何時前に寝るといったことを決めておくとよいでしょう。

時間の管理がポイントです。

体調管理も重要な仕事の一つになります。

トラックの運転手に限らずバスやタクシーでも、体調不良を訴えて途中で運転をやめるわけにはいかないこともあります。

代わりに人がいれば問題ありませんが、そうでないことも多く、普段から体調には気をつけなければなりません。

体調を崩さないためには、無理をしないことが一番ですが、できるだけ暴飲暴食をやめることです。

寝る時は、冬場であれば喉を痛めないように加湿器をつけて寝るのが良いでしょう。

夏場であればエアコンのかけ過ぎには注意をするべきです。

食事もバランスよく食べることが重要です。

カップラーメンやインスタント食品ばかり食べていると、体調不良になりやすくなりますので、少しお金をかけてでもしっかりとしたものを食べることもプロのドライバーとしての心構えです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です