トラックドライバーの気になる給料とキャリアアップ

トラックドライバーの仕事は普通自動車免許でも運転が可能な小さなドライバーから、大型の長距離輸送をになうドライバーまでその仕事内容も多様です。

車の運転が好きな人にとっては、好きなことをしながらお給料がもらえるという点では非常に魅力的な職業かもしれませんが、長距離郵送のドライバーなどは長時間運転など体力的には少しきついこともあるでしょう。

では、これらのトラックドライバーのお給料はどれくらいなのでしょうか。

少し、見てみましょう。

まず、平均的なお給料からですが、全国的に見てみるとおおよその平均演習は350万円から450万円程度で、一般のサラリーマンと同等かやや低いぐらいとみていいでしょう。

しかし、仕事内容によって年収も大きく変わるようです。

一般的にお給料が高い傾向があるのはやはり長距離輸送に携わるドライバーです。

年収が高い場合では700万円を超える人もいます。

特に大手の宅配や引っ越し兼業配送センター間の大型のドライバーではそれ以上の年収を得て、1000万円に届くか、というような人もいます。

逆に小さな宅配会社や運送会社などで働く場合には、年収が300万円台ということも少なくないため、最大で倍近い年収の差が出てしまうこともあります。

また、フリーランスとして働くか、どこかの会社に所属して働くかによっても異なります。

一般的にはやはり安定しているのは、どこかの企業に所属して働く方が安定しており、収入も良いようです。

フリーで安定して高収入を得ることはトラックドラバーでは非常に難しいと言わざるを得ません。

さらに、年齢的には年収は徐々に増加傾向となり40代後半から50台が収入のピークとなるようです。

これは、ドライバーでも様々な免許があり、これらの免許を取得してできる仕事の種類や量を増やすことで収入を増やすことができるという側面もあるようです。

いわゆるトラックドライバーもキャリアアップしていくことができるということです。

では具体的にはどのようにキャリアアップしていくことができるのでしょうか。

まずは運転免許では中型免許、次に大型免許と取得していくことが必要です。

大型免許は中型免許を取得してから2年以上経過しないと取得ができません。

さらには大型トレーラーを扱えることができると仕事の幅が広がりますし、単価も高くなります。

当然仕事量も増えるし単価も高くなり、お給料も上がるでしょう。

したがって、大型免許から大型特殊免許やけん引の免許を取得していくというのが、キャリアアップには王道といえるのではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です