責任感重大!それでも続けたいバスドライバーという仕事

日本では、過酷だというイメージの影響もあり、バスの運転手が不足しています。

そのため、会社側も様々な待遇を用意してドライバーを募集しているのです。

公共交通機関で利用されている車のドライバーは、社会のインフラを支えているやりがいのある仕事です。

業界では、高齢者が多い状態なので、若者を必要としています。

ヨーロッパの場合、女性の運転手も多いのですが、日本の場合は女性は全体の数パーセントしかいません。

バスの場合、運転するには大型二種免許が必要になります。

大型二種免許は、普通自動車免許を取得してから3年以上経過した人であれば取得することができます。

現在、多くの会社が新卒のドライバーを募集しています。

ほとんどの会社で養成制度があり、会社の負担で大型二種免許が取れます。

また、研修も手厚く行われているので、新卒でも安心してドライバーとしての訓練ができます。

公共機関の場合、経営が安定しています。

大型車のドライバーは、大変だというイメージがありますが勤務時間や休日などの規定はしっかりとあるので、入社してみて働きやすいと感じる人も少なくありません。

バスの業界は、ほとんどが中途採用です。

仕事内容では、運転の他に車両点検も行います。

エンジンや計器にトラブルがないか、タイヤに問題はないかなどをチェックします。

乗客が降りた後は、車内に忘れ物がないか調べます。

公共機関のバスの場合、運転技術も重要ですが、コミュニケーション能力も重要です。

会社は、民間運営と公営があります。

公営の場合、地方自治体の職員なので公務員になります。

ただ、民間に委託しているケースもあり、その場合は、公務員ではなく会社員になります。

東京都の場合は、東京都交通局が運転手を採用しています。

この場合、運転手は運輸系職員になります。

運輸系職員になるには、独自の試験を受けて合格する必要があります。

試験の内容は、筆記試験、面接、実技です。

公務員の場合、受験する際に様々な条件があるので、事前に条件をよく確認してから試験を受けることが大事です。

バスの運転手は、時間を守りながら安全に運転することが求められます。

運転手という面とサービス業という面があり、運転技術を磨く一方で、接客技術を磨く必要もあります。

バスの運転手は、運転が好きで、無理なく人とのコミュニケーションが取れる人が向いています。

安全運転を行うには、健康管理も大切です。

会社には運転手の健康管理をサポートする担当者がいますが、自分でもしっかりと健康を管理する必要があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です