白ナンバートラックドライバーの仕事内容とやりがい:食品加工業

トラックドライバーの仕事の中には、白ナンバーの車両で働く方法もあります。

一つの企業に就職する方法になり、その会社内でのトラック運転を担当することが一般的です。

例えば食品加工業を見ることができます。

この業界では自社にて製造をしている食品が多数存在していることになり、自社にて顧客先へと商品を搬入する仕事が一般的です。

細かく言うならば、食品加工業の場合では工場で製造した商品については、一旦は倉庫に保管されることが多いものです。

多数の顧客として小売店や卸し売り会社と取引をしていることになるので、各顧客から注文が入った際には、自社にて白ナンバーのトラックで商品を運ぶことになります。

一般的に多い傾向にある仕事内容としては、ルート配送になります。

担当しているエリア内で基本的には毎日同じ顧客へと配送を行う方法なので、就職した後に一定期間、先輩に付いてルート先を覚える方法で、直ぐに仕事に慣れることになります。

搬入する商品の大きさや量によって違いはありますが、トラックドライバーは顧客先の会社や店舗内に商品を搬入する際には、台車を利用して業者専用の出入り口から入ることが多い傾向にあります。

例えば百貨店や大型量販店などの場合では、搬入口というものが決められていて、ルールに従って入店する方法になります。

従って、固定されたルートを覚える内容と搬入する方法を覚えることで、簡単にドライバーとして活躍することができます。

顧客に対しては、常に愛想よく笑顔で対応することも必要になり、営業スタッフの補佐的な要素を持っており、会社の顔として活躍できるやりがいもあります。

このタイプのドライバーの仕事では、個人で仕事を受注することが全くない状態でもあり、商品については注文があって需要に応じて配送する方法になるので、仕事的には非常に安定しているということができます。

また、一般的なトラックドライバーとは異なり、食品加工業での仕事の場合では、残業時間などが少ない傾向にあり、休日もしっかりと確保できる職場環境が多いので、収入面だけではなく生活面においても安定している状態になります。

白ナンバーで会社に帰属している仕事の場合では、着用する仕事着に関してもラフなものではなく、会社員として清潔な服装を行うことが多い傾向にあるので、ドライバーという仕事の中でも会社員的な要素が大きな仕事になります。

このドライバーの仕事では、顧客先の都合に合わせた労働になるので、深夜勤務などが少ないこともメリットとして考えることができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です