大きさでドライバーの働き方が変わる~小型トラックの役割とおすすめポイント~

小型トラック

トラックのドライバーは、車の大きさによって仕事内容に大きな違いがあります。

小型車、中型車、大型車などがあり、2トン車は小型車になります。

2トン車の場合には、地元の地域を回る地場配送が業務の中心になります。

地元の企業に荷物を届けたり、個人宅に荷物を届けるのがドライバーの主な仕事です。

大型トラックとは違って、道幅やコーナーなどに大きな制限がありません。

そのため、色々な現場で利用されています。

集配所から集配所までのルート配送などもあります。

また、小型のトラックは小回りが利くので、山道が多い田舎では重宝され、よく利用されています。

また、小型の2トン車は、普通自動車免許でも運転することができます。

大型トラックを運転するには大型自動車免許が必要ですし、中型トラックを運転するのにも中型自動車免許が必要です。

しかし、2トン車であれば普通自動車免許で運転ができるので、それ以外の自動車免許を取得する必要がありません。

地方などでは日常生活の足として普段から車を運転している人が多いので、就職するために自動車免許を新たに取得する必要がないことも大きなメリットです。

運送業界では現在、トラックドライバーが大幅に不足しています。

インターネットショッピングなどが普及し、物流の需要が増えたことがその要因と言われています。

建設現場などでもドライバーの需要は多くあります。

ですから、ドライバーになりたいと希望している人は、比較的容易に就職することができます。

求人の数も多いので、雇用条件や労働環境などが整っている会社を選ぶことができます。

大型車を運転していた人が、2トン車に切り替えて転職するというような場合もあります。

以前は運送業界というと、過酷な労働や低賃金、長時間労働というイメージが強く残っていました。

しかし、最近ではドライバーの需要が増えるに伴って、賃金もアップし、休憩などもきちんととれるようになってきています。

以前に比べると、労働環境が良くなってドライバーの待遇は大きく改善されてきました。

ドライバーの需要はますます増えているので、運送業界は将来性のある業界でもあります。

また、小型車は地場配送を業務の中心としているため、深夜の仕事はほとんどありません。

ルート集配なども決まったルートを運転するので、時間を読みやすく決まったサイクルで仕事ができるというメリットもあります。

休日がきちんととれる会社も増えてきています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です