ドライバーになるために!二種免許取得にかかる期間と費用

タクシーやバス、運転代行業務などのドライバーになりたいと思っているのであれば、一般的な自動車免許だけではなることができません。

別途に主免許の取得をする事になるので、じっくりとこれまでの運転の仕方を思い出しながら取り組んでいきましょう。

お客様を乗せてお金を頂くというだけでなく、命をお預かりするという事、安全に運転できることも必要になりますので、二種免許が必要になります。

取得するためにはまず第一条件として、一種免許の取得から3年以上経過していないといけませんので、まだ一種免許を取ったばかりというのであれば、勤務先とも相談しておいてこれからどのようにすればいいのかも考えておくようにするといいでしょう。

年齢は21歳以上である事、そして視力や聴力、色彩能力、運動能力というような項目もドライバーに必要なこととして検査でチェックされます。

二種免許を取ろうと思ったら、試験が二種類あるのでこちらも抑えておきたいポイントとなります。

誰もが大変に感じてしまいがちな学科試験ですが、これはマークシート95問で文章90問、イラスト5問で構成されています。

一種と比べてみると応用問題が多いので、少し難しく感じることもあるかもしれませんが、しっかりと勉強をすれば解く事は可能です。

もし他の二種免許を保持している場合には免除されます。

もちろん、技能試験もありますが、こちらも一種と比較してみると「ドライバーとして命を守る」という大切な仕事となりますので、きちんとした運転技術や配慮があるのかどうかということがチェックされます。

教習所内での試験と、路上での試験とで構成されていますが、意外に技能試験の方が難しいという意見もあります。

合格ラインの点数は90点以上となりますので、練習できる機会があればじっくりと一般自動車の時の運転の癖が出ないように見てもらうのもよいでしょう。

ドライバーになるために必要な二種免許ですが、期間としては自分で通っていくのであれば一般的には10日前後、合宿を利用するのであれば7~8日程度かけて取り組む事になります。

費用は一種免許ほどではありませんが、それでも約20~25万円前後はかかってきます。

自分の状況に応じて、きちんと取得ができるようになるまでの期間や費用も目処をつけた上で計画を立てて行くようにしてみて下さい。

タクシー会社などで必要になる時は補助が出る事もありますので、その時には確認しておくとより取得がスムーズになります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です