トラックドライバー距離派・長距離の仕事を徹底比較

トラックドライバー距離派・長距離の仕事を徹底比較

トラックドライバーの仕事は、その距離によって仕事内容が大きく異なります。

例えば、短距離トラックの場合には、お客様と直接やり取りをすることが多いルート配送が主な仕事になります。

まず、地元の企業に荷物を届けたり、個人の家に荷物を届けたりする業務があります。

人と接することが多い仕事なので、安全に運転するだけではなく接客スキルも必要です。

明るく元気に挨拶ができるなどコミュニケーション能力がある人に向いています。

逆に言うと、人と接するのがあまり好きではなかったり、コミュニケーションをとるのが苦手という人には難しいかもしれません。

それから、集配所から集配所へ荷物を届けるような仕事もあります。

荷物の積み下ろしなどの業務もあるので、体力も必要になります。

短距離ドライバーは同じ地域で働く事が多いので、地元で働きたいという人におすすめです。

ルート配送が多いので深夜の業務などはほとんどなく、決まったサイクルで仕事をすることができます。

長距離のトラックドライバーの仕事は、大型トラックを運転して遠い地域に荷物を運ぶのが主な業務になります。

長時間一人で運転をすることになるので、体力や集中力、忍耐力が必要になります。

一人で仕事をするのが平気という人でないと長距離ドライバーは務まりません。

また、高速道路を深夜に走行することも多く、どうしても生活は不規則になってしまいます。

ただ、短距離ドライバーに比べると長距離ドライバーの方が収入は多い傾向にあります。

そのためガッツリ稼ぎたいという人におすすめです。

トラックドライバーというと、待遇が悪いというイメージを持っている人も多いと思います。

そのため若者には、敬遠されがちな職種でした。

しかし最近では、昔に比べて待遇は大分改善されています。

運送業全体で需要が増えたため、企業も待遇を改善してドライバーを確保する方向に動き出しています。

きちんと休憩がとれたり、休日もとれるようになってきています。

それから長距離ドライバーの場合には、人と接することはあまり多くありません。

人とのコミュニケーションが苦手という人でも問題なく業務に取り組むことができます。

人間関係のわずらわしさもほとんどないので、ストレスが少ない環境と言えます。

短距離も長距離もドライバーは、安全に運転することが重要です。

事故を起こしたり、違反をしてしまうとトラックに乗れなくなってしまうことがあります。

悪質な運転をした場合には、解雇されてしまう場合もあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です