軽貨物トラックドライバーの種類

軽貨物トラックドライバーの仕事には様々な種類があります。

定期便と不定期便があり定期便は月曜日から金曜日まで、毎週水曜日と木曜日といった決まった曜日や日付けに配達する仕事です。

佐川急便やヤマト運輸等の大手の運送会社の下請け等や通販会社等の仕事やネットスーパー等の個人宅メインにするものや企業の本店や支店間を専属で廻る企業の仕事があります。

企業の専属で廻る仕事をルート便といい決められた配達コースを決められた順番でまわります。

ルート便の良さはコンスタントに仕事があるので比較的収入が安定します。

企業をまわるので比較的不在も少ないのが特徴です。

短距離や中距離が多いですが長距離もあります。

定期便のルート便に対して不定期な仕事をスポット便やチャーター便といいます。

スポット便は緊急な依頼が多く15時までに東京から静岡までといったものがあります。

行き先が数ヶ所ある場合もあります。

距離によって金額が変わり東京から福岡といった長距離もあります。

チャーター便はドライバーと車を貸し切る専属輸送便なので荷物を取りに行ったり配達を行うときに委託された企業にかわって荷物を運ぶ仕事です。

スポット便やチャーター便の良さは緊急の場合が多いので通常の単価より高いものもあります。

ただ不定期に仕事があるのでトラックドライバーの都合で仕事を入れる事はなかなかできません。

軽貨物トラックには種類があり車によっても受けられる仕事が変わります。

荷台を幌で囲むタイプのものは観葉植物等の背の高い鉢を運んだり単身の引っ越し便などに向いています。

防犯上の観点から荷台に鍵がかからないため他の荷物を荷台におき配達する運送会社の仕事や通販の配達には不向きです。

運転席と荷台が一体型になっているワンボックスタイプのものや荷台が箱形になっているものはほとんどの仕事がすることができます。

軽貨物は冷蔵車や冷凍車もあり一定の温度が保てる定温車もあり医薬品や検体などの輸送の仕事もあります。

軽貨物トラックドライバーは自分で車を購入し独立開業している人も多く取引先の企業によっては個人と直接契約はしないので軽貨物運送業を営んでいる企業と契約し仕事をしている人も多くいます。

ドライバーは個人で飛び込みで仕事を探す必要もなく営業経費もかからず様々な仕事を選べることもあるようです。

通販やインターネットで物を購入するのが当たり前の世の中になっているのでこれからもドライバーの仕事は増えていくといわれています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です