ドライバーは女性でも挑戦できる仕事だと訴えたい!

タクシー業界は、人材不足と言われて久しい状態が続いています。

歩合制の給与システムに良くないイメージを持っている方もいれば、利用客にからまれるのではないかと心配する人もいらっしゃいます。

こうしたイメージから、若者や女性が他の仕事に流れてしまっている状況があります。

しかし、ちょっと待ってください。

確かにタクシー会社の多くはドライバーの給与体系を歩合制としています。

ただし、その中身は「基本給+歩合」という給与体系であることがほとんどです。

つまり、会社の営業職と同じような給与体系で、最低給与は保証されているのです。

働いた分だけ、給与が増えるシステムは魅力的と言えるのではないでしょうか。

しかも、運転はそれほど力を必要とする仕事ではありませんから、性別や年齢に関係なく稼ぎやすい仕事と言えます。

一方、利用客にからまれる可能性があるのは事実です。

しかし、タクシーには無線機器やドライブレコーダーが付いていますから、ドライバーが犯罪などに巻き込まれる可能性は極めて低いと言えます。

何かあった場合には、すぐに営業所とコンタクトを取ることが可能です。

しかも、人材不足に悩まされているタクシー業界には、ノルマが課されていないケースがほとんどです。

つまり、誰でも安心して稼げる仕事というわけです。

ただし、女性がタクシー会社を選ぶ際には、労働環境が整っているかどうかを自分の目で確認すべきです。

なぜなら、男性しか採用実績のないタクシー会社も中にはあるからです。

例えば、トイレや更衣室は整っているか、休暇や労働時間への配慮は行ってもらえるのかといった内容は、採用前にしっかり確認しておきたいところです。

この際参考になるのは、そのタクシー会社に女性ドライバーの採用実績があるかどうかです。

ドライバーの男女比バランスが取れたタクシー会社であれば、こうした配慮はほぼ間違いなく行われていると見てよいでしょう。

採用面接の際に、この点を確認しておくことをおすすめします。

また、仕事を長く続けたい女性ドライバーですと、子育てへの配慮というポイントは必要不可欠です。

最近では、託児所を併設するタクシー会社や、近隣の保育園と連携するタクシー会社が登場しています。

そして、子育てへの配慮を行うタクシー会社では女性の定着率が高い傾向があります。

このように、タクシー会社の中には女性ドライバーの採用に積極的なところも増えています。

今こそ挑戦の時と言えるのではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です