スキルアップを目指すトラックドライバー資格「運行管理者」の汎用性と難易度

スキルアップ

トラックやバス、タクシーなど営業用の自動車を運行している場合、最も重要なのは安全の確保です。

自動車運送事業者は、利用者の信頼に応えるために、安全で確実な輸送義務があるのです。

公共の道路を利用して、一般の車に交じって走行する場合、ハンドルを握っているドライバーに安全が委ねられています。

ドライバーが、常に健康な心身を保ち、高い安全知識を持っていることが大切なのです。

日本では、新規に参入する会社も多く、過当競争によってドライバーの環境が悪くなっているケースもあります。

ドライバーの環境が悪くなり、睡眠不足や体調不良などにより重大な事故も発生しています。

そのため、安全に対する社会的要求は一段と高まっているのです。

トラックやバス、タクシーなどの自動車運送業者は、安全運行のために必要なドライバーの勤務時間を把握して設定します。

安全運行を行うための体制作りは重要で、その中心的な役割を担っているのが運行管理者です。

安全な運行を確保するために設けられている国家資格が運行管理者です。

一定数以上の事業用自動車を所有している営業所では、運行管理者をおく義務があります。

原則的に、資格を持っている人でないと管理者として選任はされません。

試験の合格率は3割前後です。

運行管理者資格者証の交付を受けるには、試験に合格するか、事業用自動車の運行業務について、国で定めた一定の実務の経験とその他の要件を備えている必要があります。

事業用の自動車を運転する者の乗務割の作成や保守管理、指導、過積載の防止、健康状態の把握など、運行を管理する管理者の仕事は多岐にわたります。

平成25年5月の法改正において、所有するトラックが5両未満の営業所であっても、原則として有資格者の設置が義務となっています。

そのため、需要は増加しています。

資格を持っていると、内勤の転職などでも有利で、キャリアアップも狙えます。

担当者が会社を辞めてしまった場合、急募で求人を出す会社もあります。

会社内で運転手を管理するのが仕事なので、高齢になっても働くことが可能です。

最近は、通信教育で学べるようになっているので、休日や空いた時間を利用して、コツコツ勉強している人も少なくありません。

現在の通信教育は、昔と違ってパソコンやスマートフォンで学習することができるので、空いた時間を有効に活用することができます。

講義動画はスマートフォンでも見ることができるので、とても便利です。

風俗業界でのし上がった男~貧民Aからの脱出~

風俗業界でのし上がった男~貧民Aからの脱出~

貧困の発芽~その一例~

貧困の発芽~その一例~

大学卒業後、その証券会社の営業一筋に生きてきたY氏は、30代で年収1200万円を稼ぐようになり、40歳になる頃には営業部長の地位に就いたという。

部長時代の年収は、何と驚きの約2000万円。
もう立派な「富裕層」である。


ところがある日、両親の介護という問題にぶち当たり、独身の愛情豊かな彼は(俺が面倒を見よう)という決断と共に40代序盤で会社を退社。

当時のY氏の心中は、こんな感じだったそうだ。



(俺ならどこに行っても営業として稼げる。能力も実績も十分、楽勝だ)


何度も転職している人に比べれば転職活動もスムーズに行くはずで、例え数年介護に心血を注いでも、幾らでもリスタートは切れる――――。

ただ、その思惑は大きく外れ、彼はこの後、文字通り地獄を見ることになる。




男が夜の業界に足を踏み入れるきっかけ

男が夜の業界に足を踏み入れるきっかけ

母親は息子が介護に専念する生活を始めてすぐに亡くなったが、父親の方は寝たきりのまま、その後10年間を生きたという。

父が亡くなった時、Y氏は正直「ホッ」としたそうだ。


なぜなら両親の貯金(母親が亡くなった際、老朽化していた家は売り、親子は賃貸マンション暮らしになっていた)と、彼が大学を卒業後、コツコツと貯め込んでいた貯金、つまりは「全財産」は、すでに殆ど底を尽きかけていたのだという。


(息子としての義務はこれで果たした。営業マンに戻ろう)

久しぶりに就活を始めたY氏を待っていたのは、強烈に過酷な現実であった。

10年のブランク、車の免許以外特に資格も持たない50歳の独身男性、そして、華々しい営業としての実績――――。



自覚はなかったが、彼は「マイナス要因のカタマリ」であった。



(定年まで10年しかない人材は、当社の求めるイメージにそぐわない)
(50歳にもなって独身なのは、人間的に何か問題があるからではないのか?)
(それでなくても年齢的に頭は固いだろうに、プライドも高そうだな)

彼の拠り所であった能力や実績にしても、年齢がゆけば、企業から見れば邪魔でしかないのである。

特殊な資格を必要とする仕事であれば話は別だが、40~50代の人材に1番求められる資質は、間違いなく「素直さ」なのだ。



そして何より、本来生産社員で企業の花形であるべき「営業」という仕事は、現在、どこの大手企業も契約社員化、つまり軽視しているという現実―――。

Y氏は、完全に「浦島太郎」と化していた。

ところがそんな彼を積極的に欲しがる職業があった。



それが、「ホテルヘルス店の受付」である。




胸をはれる仕事ではないけど・・・

胸をはれる仕事ではないけど・・・

月給で手取り27万円————。


今回の就活においては、最上級といっていい給料だ。
ただ彼の場合、人生のピーク時が年収2000万円であり、比べてしまえば切なさしか覚えないような給与でもあった。



それでも、馬鹿馬鹿しいと投げてしまえば、もう彼に生きる道は残されていない。

(自殺か、路上生活か、生活保護か、犯罪でも犯すか・・・)

そんなことが何度も脳裏をよぎるほど、Y氏は葛藤した。
富裕層から庶民や貧困層への転落など、いとも簡単である。
いや、元々そこには薄皮一枚の隔たりしかないのかもしれない。



「証券会社の営業部長」
そんな肩書や権威やプライドが通用するのはその証券会社の中だけであり、彼は自分がいかに「井の中の蛙」であるかを老境に至り、思い知ったのである。


(どうやら受け入れて生きていくしかないな)


就職してしばらくは女の子たちへの接し方が硬く、当然職務に対しての熱も入らなかったものの、徐々にY氏は完全に気持ちを切り替えていった。



(仕事が終わって、TVを見ながらビールを飲める。それで十分じゃないか)

働き始めて3ヶ月が経つ頃、彼は借りていた家賃8万円の部屋を解約し、会社の独身寮的マンション(賃料2万円)への引越を遂に決意した。

「Dead Or 〇」の〇に入るものが彼にとっては「風俗店店員」なのだから、死ぬ気がない以上、覚悟を固めるしかなかったのである。


そしてその気持ちの変化が、彼の次のサクセスへの入り口でもあった。




仕事に上も下もない

仕事に上も下もない

その後、彼は誠心誠意な接客と、やる気みなぎる勤務態度を続ける。


そして2年が過ぎた頃、その謙虚な姿勢は小さな奇跡を引き起こすことになった。

ある日、女の子の接客態度へのクレーム処理に当たったY氏の柔らかい対応に感動したお客が、本部へと電話をかけたのだ。


「どうしても伝えたいことがある。社長は居ますか?」

当然社長は不在だったものの、その日、本部には運良く本部長と言う役職者が居た。

お客は本部長に対して、自分は普段からその店の常連で、いつも電話対応や受付時のY氏の態度に感動していること。


今回、Y氏のおかげで、怒りを鎮めることができたことなどを熱く、熱く語り、それは本部長の胸に深く残ることになり、道が開けるのである。



「おい、Y氏の履歴書を見せてくれ」

履歴書に唸りながら〇店に電話をかけ、Y氏にクレーム対応の御礼を述べた本部長は、続けてこう問うてみた。


「何でこんな見事な学歴とキャリアの人間が風俗店に来たの?」

Y氏は明るくこう答えたものである。



「50のオッサンに行き場なんてないです!それに、仕事に上も下もないですよ!



風俗業界の深い懐(ふところ)

風俗業界の深い懐(ふところ)

55歳になったY氏は今、店長を経て、関東エリアの統括を任されている。

現在の年収は一千万円、ただ、彼はいまだに独身寮であるワンルームを出ておらず、つつましい生活を続けているそうだ。



「ケチってるわけじゃないですよ(笑)ちゃんと部下にはしょっちゅう奢ってますし。

ただ、いい暮らし、高い部屋、高い物、お金、地位、肩書……そんなものに対するこだわりは、さすがに持てなくなったんです。

一時は本気で死ぬことまで考えるほど追い込まれたわけですから、明日貧困に戻っても大丈夫な心身で常時いることに慣れたんでしょうね(笑)

成功と貧困は紙一重です。
それを知ったら人間、上も下もないと気が楽になりますよ。


若い人で仕事に悩んでいる方たちは、この業界に来て欲しい。

風俗業界って、本当、いい業界ですから」

Y氏は年齢的に独立は考えていないというが、風俗業界にはビジネスチャンスが無数に転がっているそうだ。迷えるそこのアナタ、ぜひ、ご一考を――――。

スキルアップを目指すトラックドライバー資格「フォークリフト運転技能者」の汎用性と難易度

スキルアップを目指すトラックドライバー資格「フォークリフト運転技能者」の汎用性と難易度

トラックドライバーの皆様、今日も一日ご苦労様です!日々走っていると、一本当たりの単価をついつい考えてしまうものですが、単価を上昇させるのには資格を使うのも一つの方法です。

ひたすら走るだけが全てではありません。

非常に簡単に取得でき、適正次第で収入アップに繋げられる資格に、フォークリフト運転技能者があります。

倉庫業ではお馴染みの、パレットに載った荷物の塊を運ぶアレですね。

資格取得については、4日間の研修を受け、最終日の試験をパスするだけで取得可能です。

試験と言っても落ちることはありませんが、研修の間にフォークリフトの運転に苦労が無くなるくらいでないと実務で生かすのは厳しいでしょう。

上手くなるために努力をするものではなく、適性がほぼ全てです。

トラックの運転が上手なこととはあまり関係が無いように思います。

4トントラックに乗っている人は、チャブリ、いわゆる手積み手降ろしをしている人が多いのではないでしょうか?

毎日のようにやっていることは言え、4トントラックの荷物を全て自力で積み降ろしをしているのはもはや異常なことだと思います。

カゴ車を使わせてくれる現場ばかりではありませんよね。

フォークリフトを使うということは、手積み手降ろしの苦労からは解放されることが多くなります。

よくあるパターンとしては、ウイング車にフォークリフトでパレットに載った荷物を積み込んでいく形です。

力仕事が大幅に少なくなるので、夏場は特にその有難さを感じるでしょう。

実際の現場ではドライバー同士でフォークリフトの取り合いになっていることもしばしばあります。

トラックの大きさが大きくなるほどフォークリフトの需要は高まります。

10トンクラスになると自力で積むのは不可能ですから自ずとそうなりますが、フォークリフトを運転できない状態でそのような現場に行くには、倉庫の人が積んでくれることが条件になります。

ドライバーの絶対数が不足しているご時世ですから、探せば見つかるとは思いますが、仕事を探す上で若干不利にはなるのかもしれません。

スキルアップをし、体力の負担が少ない現場を狙っているドライバーの方は、取得を考えてみてはいかがでしょうか?

一部の自動車教習所や専門の訓練施設で簡単に取得することができます。

もしトラックを降りることがあったとしても、スキルは倉庫業でも応用が利きますよ。

我々ドライバーの待遇は少しずつ改善されてきています。

ここが踏ん張り時と考えて、頑張っていきましょう!

トラックドライバー距離派・長距離の仕事を徹底比較

トラックドライバー距離派・長距離の仕事を徹底比較

トラックドライバーの仕事は、その距離によって仕事内容が大きく異なります。

例えば、短距離トラックの場合には、お客様と直接やり取りをすることが多いルート配送が主な仕事になります。

まず、地元の企業に荷物を届けたり、個人の家に荷物を届けたりする業務があります。

人と接することが多い仕事なので、安全に運転するだけではなく接客スキルも必要です。

明るく元気に挨拶ができるなどコミュニケーション能力がある人に向いています。

逆に言うと、人と接するのがあまり好きではなかったり、コミュニケーションをとるのが苦手という人には難しいかもしれません。

それから、集配所から集配所へ荷物を届けるような仕事もあります。

荷物の積み下ろしなどの業務もあるので、体力も必要になります。

短距離ドライバーは同じ地域で働く事が多いので、地元で働きたいという人におすすめです。

ルート配送が多いので深夜の業務などはほとんどなく、決まったサイクルで仕事をすることができます。

長距離のトラックドライバーの仕事は、大型トラックを運転して遠い地域に荷物を運ぶのが主な業務になります。

長時間一人で運転をすることになるので、体力や集中力、忍耐力が必要になります。

一人で仕事をするのが平気という人でないと長距離ドライバーは務まりません。

また、高速道路を深夜に走行することも多く、どうしても生活は不規則になってしまいます。

ただ、短距離ドライバーに比べると長距離ドライバーの方が収入は多い傾向にあります。

そのためガッツリ稼ぎたいという人におすすめです。

トラックドライバーというと、待遇が悪いというイメージを持っている人も多いと思います。

そのため若者には、敬遠されがちな職種でした。

しかし最近では、昔に比べて待遇は大分改善されています。

運送業全体で需要が増えたため、企業も待遇を改善してドライバーを確保する方向に動き出しています。

きちんと休憩がとれたり、休日もとれるようになってきています。

それから長距離ドライバーの場合には、人と接することはあまり多くありません。

人とのコミュニケーションが苦手という人でも問題なく業務に取り組むことができます。

人間関係のわずらわしさもほとんどないので、ストレスが少ない環境と言えます。

短距離も長距離もドライバーは、安全に運転することが重要です。

事故を起こしたり、違反をしてしまうとトラックに乗れなくなってしまうことがあります。

悪質な運転をした場合には、解雇されてしまう場合もあります。

引っ越しで活躍する軽貨物トラックドライバーになるには

引っ越しで活躍する軽貨物トラックドライバーになるには

職業を選ぶ際にはトラックドライバーとして活躍する方法もあります。

トラックドライバーの場合では、大型車両を使って荷物の輸送を行うことを想像される方もいますが、実際には誰でも簡単に仕事を行うことができる仕事も用意されています。

数多くあるドライバーの仕事の中でも引っ越しを担当する内容もあります。

引っ越しで活躍する場合では、軽貨物を利用する方法もあり、このタイプの車両の場合では普通自動車免許でも十分に運転を行うことができます。

寧ろ軽貨物の場合では一般的な乗用車よりも運転しやすい傾向にあるので、ドライバーの仕事としてトラックの運転に対して不安を持っている方でも問題なく仕事をすることができます。

引っ越しで活躍する軽貨物を利用した仕事に就く方法に関しては、就職する場合では求人情報をチェックすることで見つけることができます。

比較的小規模にて運営している会社が多い傾向にあり、複数台のトラックを所有していて、業務を担当していることになります。

このタイプの会社であれば、面接を経て運転技能に問題が無い方のケースでは、比較的敷居の低い状態で採用されることが多いので、求人情報を探して希望するエリア内で募集を見た場合では、直ぐに応募してみることが良い方法です。

一方でこの仕事の場合では、独立して行う方法も人気があります。

軽貨物での引っ越し業務をメインにしている会社があり、そのフランチャイズ店として運営を行っていく方法があります。

このような会社の探し方に関しては、インターネットで独立起業関連のサイトを見た場合では、直ぐに見つけることができ、全国各地に対応しているので、多くのケースで住んでいるエリア内で活動することができます。

フランチャイズの場合では一定の要件が指定されていることも多く、例えば軽トラックを指定されたものを購入する方法や、使う資材類に関しても指定されたものを利用することが定められていることが多いものです。

仕事に関しては、本部から提供される仕事も数多くあることが基本になるので、最初に不安に感じる顧客の確保については、フランチャイズを利用する方法で、不安を払拭させることができます。

その後は本人が自由に営業を行うこともでき、チラシなどを作成してポスティングなどを空き時間に行ったり、新聞の折込チラシに入れる方法でも顧客を確保することができます。

軽貨物でのトラックドライバーの場合では、比較的近距離での引っ越しで、尚且つ荷物量が少ない方が利用されるので、単身であっても十分に活躍することが可能です。

キツそうだけど欠かせない!トラックドライバーの誇りとやりがい

キツそうだけど欠かせない!トラックドライバーの誇りとやりがい

クロネコヤマトのセールスドライバーが超過勤務をしており、それが常態化していたことが社会問題となり、会社側は残業代を過去にさかのぼって支給する等、働き方改革に力を入れています。

これはトラック業界では氷山の一角で、他の会社のドライバーも同じような思いをしている人は多いです。

またトラックのドライバーは割り当てられた荷物を配り終えないと仕事を終えられないという意味で、きつそうと思われるかもしれません。

しかし、実際にはやりがいを感じる仕事でもあります。

例えば、荷物をお客様のところに運ぶと、そのお客様がインターネット等で買った商品であれば、その到着を非常に楽しみにされていますので、配達すると、玄関まで笑顔で小走りで出てきて、荷物を受け取られます。

その時、「私、この商品が早くほしかったの。ありがとう」と声をかけて下さる方もいて、自分自身がサンタクロースになった気分になることもあります。

またトラックのドライバーは自分で仕事の段取りをして黙々とこなしていくことができるので、同僚とコミュニケーションをとるのが苦手な人でも、営業所でトップの成績をおさめる等、自分の苦手な部分を逆に長所として活かし、仕事ができるので、自分に誇りを持つことができます。

確かに、大きくて重い荷物などもありますが、台車を使う等することで、スムーズに運ぶことができます。

またそのような荷物でも、「この荷物の中にお客様の夢が詰まっている」と発想を転換することで、お客様が喜んで下さる顔を思い浮かべて運ぶことで、スムーズに仕事が進みます。

さらに、私は遠距離で荷物を運ぶことが多いのですが、トラックを走らせながら、その地域の風土や文化、自然環境を自然と楽しむことができ、仕事で遠方まで行きますが、実際には旅行気分になることも多いです。

特に昼食等は地域のB級グルメ等を低廉な価格で満喫することができ、非常に満足しています。

また、荷物を届けた先の地元の人に「公共の温泉」といった地域の人しか知らない秘湯を教えてもらい、湯船につかっていると運転してきた疲れがすっきりとれます。

仕事をしながら、小旅行気分を味わえるのはトラックドライバーならではの魅力です。

最後に、物の流通が激しい現代社会を支えているのは、トラックドライバーであるという自負があります。

良いものがあっても、それを求める人に届かなければ意味がないだけでなく、経済そのものが成り立たちません。

そのような意味で、現代社会を支えているのは僕たちドライバーだというやりがいを感じます。

今さら聞けない普通自動車免許と二種免許の違い

今さら聞けない普通自動車免許と二種免許の違い

普通自動車免許を取得していれば、日常生活をするうえで何のしい用も不便もありません。

普通指導者免許を持っていれば、宅配ドライバーや小型車両を利用して配送業務などを行うこともできます。

一般的に普通自動車免許といわれる免許が第一種運転免許と呼ばれ、それとはまた別に、第二種運転免許というものがあります。

第一種と第二種の違いは何でしょう。

大きな違いは「人、すなわちお客様を乗せて運転することが可能かどうか」という点にあります。

二種免許を取得することで、タクシーや小型送迎車両を運転することもできます。

そのため二種免許取得資格にはそれなりの高いハードルが用意されています。

ドライバーとしての経験年数や、視覚や聴覚、識別の判断や反射神経など、より高い身体的な能力も求められます。

免許の取得方法にはいく通りかありますが、お金も時間もかけたくない場合は、直接試験場にいって一発合格を目指すという方法が一番手っ取り早いですが、本番に弱い方にはかえって時間がかかってしまうかもしれません。

堅実なのは自動車学校に通い、決められた時間の実技と検定試験を受けて卒業する方法でしょう。

この場合、そこそこの時間とお金がかかりますので、どうしても二種免許、そして職業ドライバーを、という方には、タクシー会社などに就職して、そこで合宿方式で短時間に免許を取得するという、しかも費用は会社持ちでという、願ったりかなったりの方法もあります。

人それぞれですが、自分の懐具合や能力に合わせて、免許取得に挑戦してみるのがいいかもしれません。

苦労のかいもあって、運よく晴れて二種免許を取得された暁には、明るい未来が待っているはずです。

普通自動車免許の場合多くの人が持っている分、身分証明書程度にしか思われません。

それでも二種免許を所有して、職業ドライバーとして経験を積んでいけば、より条件のよい職場へとスキルアップも可能です。

いまひそかに、業績を伸ばしている職種として、お葬式全般を取り仕切る葬祭業がありますが、そこで使われる霊柩自動車の運転にも二種免許が必要です。

最近では特定のエリアだけを回る福祉バス(小型)、介護タクシーや有料老人ホームの車両などの運転手としても必要とされるこの頃です。

数ある資格や職種の中で、もっとも一般的に密接していながら高度な技術と安全を求められる、免許なのです。

職業ドライバーという職業の間口は広いですが、プロドライバーとして信頼されるのが二種ドライバーなのです。

ドライバー不足が問題視されている現代

ドライバー不足が問題視されている現代

物流の世界でドライバーが不足している原因は大きく2つあります。

まずインターネット通販の発達により物流量が増えたことが挙げられます。

2000年代を通してインターネットは世界的に普及しました。

日本も例外ではなく、90年代や2000年代初期は一般家庭でインターネットを使用している事例は少数派でしたが現在ではごく一般的なインフラとなっています。

インターネットの急速な普及と通販サイト利用者の爆発的な増大は物流量を増大させ、既存の物流網に大きな負担となりました。

またインターネットサイトによる通信販売は、送料が安いことでも知られています。

各物流会社では物流量は増えるものの利益が少ないため、ドライバーの人件費を上げることが難しいという問題を抱えていました。

そのため物流会社の中にはインターネットの通販サイトからの商品輸送の依頼を断る事例も見られます。

ドライバー不足を解消できなければ、一般的な荷物の輸送にも支障が生じるため通販サイトからの依頼を断るというのも無理のないことです。

かつては100円程度の小さな買い物でも送料無料サービスを提供していた大手通販サイトでは、送料を値上げしたり一定額以上の購入の場合にだけ送料を無料とするようになってきています。

それでも物流業界にとって料金が安く荷物量が膨大であるという点に変わりはありません。

各物流会社は慢性的なドライバー不足に悩まされています。

また各物流会社でドライバーが不足している問題の原因はインターネット通販サイトの発達だけではありません。

日本は長い間経済的な不況が続いてきましたが小売業や飲食業、製造業など様々な業種でコストの削減が図られました。

人員削減などによる人件費の削減の他に物流にかかる輸送費の削減なども行われたため、最終的に物流会社にしわ寄せがくることになります。

売上を伸ばすことが難しい時代において各業種とも一定の値下げをすることが求められます。

近年日本の物価は低下し、いわゆるデフレーションと呼ばれる状態が続いてきました。

物流会社は小売業や飲食業など様々な業界を下支えする存在ですが、それらの業種において商品やサービスの値下げが続く中で売上を伸ばすのは困難です。

そのため物流会社でも利益を確保するためにサービスの料金を値下げせざるを得ません。

物価が下落するデフレーションの時代には給料を上げることができず、物流会社のドライバーも不足することになります。

物流業界のドライバー不足の問題を解決するには、ドローンなどの新技術を活用することによる物流網の効率化が必要です。

また日本政府には、積極的な財政政策を行うなどによりデフレーションからの脱却を図ることが求められます。