トラックドライバーのなり方とスキルアップ

トラックドライバーは年々減少していることに加えて、仕事は増え続けています。

そのためにトラックドライバー業界は売り手市場とも言われます。

そこで未経験からドライバーへの転職を考える人も多くいます。

基本的には学歴などの条件はそれほど問われることはありません。

大抵は高卒程度の学歴があれば、求人に対しての応募はできます。

そしてまず最初に、物流会社や運送会社に勤務する形でキャリアを積むことになります。

その後経験を積んでから独立することもできますし、自由にキャリアプランを立てることが可能です。

まずトラックドライバーになるには、トラックの免許が必要になります。

中型と大型とありますが、さらにトレーラーを扱うためにはけん引免許も必要です。

そして扱う荷物によっては、危険物取扱者免許や毒物劇物取扱責任者免許の取得も必要となります。

これらの免許は多くの場合、入社後に会社負担で研修を受けた後に取得します。

トラックの免許を取得しても、すぐに仕事をこなせるというわけではありません。

特に大型となれば運転スキルも求められるので、まずは中型から始めて経験を積むと良いでしょう。

ドライバーは運転だけではなく。

積み荷を降ろして客先に届けたり、倉庫内での作業を行うこともあります。

これらは単なる作業ではなく、独立に向けたスキルアップにつながる大事なものです。

ドライバーの収入は業務内容にもよりますが、近距離での配送業の場合は基本給制となり、月給は20万円から25万円ほどとなります。

自分でトラックを持ち込む場合にはさらに多くの収入を得ることができます。

中距離便であれば、基本給と様々な手当を含めて月給22万円から30万円弱となります。

繁忙期となれば出来高部分が増えることで、もっと稼ぐことが可能です。

ドライバーのキャリアアップのプランとしては、運行管理に携わった後に管理職へと進むケースが多く見られます。

運行管理は効率良く積み荷を配送するためのマネジメントを行うことになります。

自分自身の運搬経験を生かすことで、多くのドライバーの管理を行えるというわけです。

あるいはドライバーとしての経験を積んで独立するケースもあります。

ただし車の維持費や保険などの経費が相当に必要となるので、売り上げをどれだけ確保できるかを検討した上での決断が必要です。

長く業界で続けるのであれば、いずれは管理職へと転向することを意識しながら業務に取り組むことが大切です。

一発採用を狙う!ドライバーのための履歴書の書き方・アピールのしかた

ドライバーとしての就職や転職を考えている方にとって悩みの種の一つが履歴書です。

どのように書いたら採用されるのか、考えてみても実際にエントリーした会社の採用担当者がどう感じるかは最後までわかりませんので、不安になっても仕方がありません。

そこで、履歴書の書き方やアピールポイントなどを書いてみたいと思います。

まず、大前提として、文字は読みやすく、大きさはできるだけ同じように書きます。

ここでは字の綺麗さはあまり関係がありません。

もちろん綺麗であれば感心される事は間違いありませんが、いかに丁寧に書いたかがわかるほうが熱意が伝わります。

大前提として、全て手描きで書きます。

これは礼儀として大切です。

写真については好印象を持ってもらうためにできるだけ明るい表情のものを使用します。

次に履歴書の住所欄では、必ず都道府県から記入します。

これも丁寧さの一つです。

学歴に関しては、義務教育である小学校や中学校は卒業年で構いません。

高校以降は入学年と卒業年を書きましょう。

学校名はしっかりと正式名称が必要です。

中高一貫校など、学校名が同じ場合でも、同校卒業などの省略はおすすめしません。

面接官に嫌悪感があらわれる場合が多いからです。

職歴に関しては、全ての入社、退社歴を記入します。

社名だけでなく、所属していた部署や役職、職務の内容まで記入し、株式会社も略さずに正確に書きます。

業務内容などは良いアピールポイントになりますので、ドライバーとしての経験が既にある場合は詳しく記入します。

資格の記入も重要です。

ドライバーとしての採用を目指すのであれば、普通運転免許の記入は当然として、その他にも大型、中型など取得しているのであれば正確に記入します。

ドライバーとして働くとしても、長距離や短距離など種類は様々です。

自分の希望する職種があるのであれば、なぜその職種を希望するのか熱意を持って自己表現しましょう。

ここで重要なのは、知識や経験ではなくあくまでも熱意です。

勤務時間や休日など待遇面に関しての希望もあれば記入しても構いませんが、あまりにも常識はずれの希望というのは、入社もしていない段階ですのであまり書かない方が賢明です。

あくまでも常識の範囲内で記入しましょう。

介護など誰もが納得するような利用があれば書き加えましょう。

最後に、間違った時は、新しい履歴書用紙を用意しましょう。

修正ペンや修正テープなどを使用してはいけません。

ドライバーは女性でも挑戦できる仕事だと訴えたい!

タクシー業界は、人材不足と言われて久しい状態が続いています。

歩合制の給与システムに良くないイメージを持っている方もいれば、利用客にからまれるのではないかと心配する人もいらっしゃいます。

こうしたイメージから、若者や女性が他の仕事に流れてしまっている状況があります。

しかし、ちょっと待ってください。

確かにタクシー会社の多くはドライバーの給与体系を歩合制としています。

ただし、その中身は「基本給+歩合」という給与体系であることがほとんどです。

つまり、会社の営業職と同じような給与体系で、最低給与は保証されているのです。

働いた分だけ、給与が増えるシステムは魅力的と言えるのではないでしょうか。

しかも、運転はそれほど力を必要とする仕事ではありませんから、性別や年齢に関係なく稼ぎやすい仕事と言えます。

一方、利用客にからまれる可能性があるのは事実です。

しかし、タクシーには無線機器やドライブレコーダーが付いていますから、ドライバーが犯罪などに巻き込まれる可能性は極めて低いと言えます。

何かあった場合には、すぐに営業所とコンタクトを取ることが可能です。

しかも、人材不足に悩まされているタクシー業界には、ノルマが課されていないケースがほとんどです。

つまり、誰でも安心して稼げる仕事というわけです。

ただし、女性がタクシー会社を選ぶ際には、労働環境が整っているかどうかを自分の目で確認すべきです。

なぜなら、男性しか採用実績のないタクシー会社も中にはあるからです。

例えば、トイレや更衣室は整っているか、休暇や労働時間への配慮は行ってもらえるのかといった内容は、採用前にしっかり確認しておきたいところです。

この際参考になるのは、そのタクシー会社に女性ドライバーの採用実績があるかどうかです。

ドライバーの男女比バランスが取れたタクシー会社であれば、こうした配慮はほぼ間違いなく行われていると見てよいでしょう。

採用面接の際に、この点を確認しておくことをおすすめします。

また、仕事を長く続けたい女性ドライバーですと、子育てへの配慮というポイントは必要不可欠です。

最近では、託児所を併設するタクシー会社や、近隣の保育園と連携するタクシー会社が登場しています。

そして、子育てへの配慮を行うタクシー会社では女性の定着率が高い傾向があります。

このように、タクシー会社の中には女性ドライバーの採用に積極的なところも増えています。

今こそ挑戦の時と言えるのではないでしょうか。

ドライバーを目指す人の心構えを伝授!

ドライバーを職業とする場合、その心構えはいくつかありますが、一つ目は安全運転を心掛けることです。

ドライバーは、必ず人を乗せるかものを載せるかのどちらかになります。

どちらを運ぶ場合でも安全に運転をしなければなりません。

安全に運転をするための心構えの一つは気持ちを落ち着かせることです。

ドライバーには必ず時間制限がつきまといます。

例えば路線バスの運転手であれば、時刻表がありますので、お客さんを困らせないために、できるだけ時刻表通りに運転をしなければいけません。

たとえ道路が混んでいて時間内に目的のバス停に到着できなくても、落ち着いて運転をする気持ちが重要です。

焦って運転をすると、車や人とぶつかる可能性もあります。

また、乗っている人の安全や荷物の安全を確保できない可能性も出てくるでしょう。

気持ち的に追い込まれたときほど、自分にとって何が大事なのかをよく考える必要があります。

当然大事なのは、安全に運転をし、目的地に到着をすることです。

ドライバーも長距離ドライバーであれば肉体労働の面が強くなります。

肉体労働ならば体力が必要になります。

普段から体力をつけるように歩いて通勤をしたり、休みの日はできるだけ家でゴロゴロせずウオーキングをするなど体動かして基礎体力を上げておくことが大事です。

睡眠時間も重要になります。

運送業者であれば、限られた時間の中で働いているのも事実です。

ですが、そんな時こそしっかりと睡眠をとり、運転中に居眠りをしたり、注意力散漫な状態で運転をしないことが重要です。

毎日自宅では何時前に寝るといったことを決めておくとよいでしょう。

時間の管理がポイントです。

体調管理も重要な仕事の一つになります。

トラックの運転手に限らずバスやタクシーでも、体調不良を訴えて途中で運転をやめるわけにはいかないこともあります。

代わりに人がいれば問題ありませんが、そうでないことも多く、普段から体調には気をつけなければなりません。

体調を崩さないためには、無理をしないことが一番ですが、できるだけ暴飲暴食をやめることです。

寝る時は、冬場であれば喉を痛めないように加湿器をつけて寝るのが良いでしょう。

夏場であればエアコンのかけ過ぎには注意をするべきです。

食事もバランスよく食べることが重要です。

カップラーメンやインスタント食品ばかり食べていると、体調不良になりやすくなりますので、少しお金をかけてでもしっかりとしたものを食べることもプロのドライバーとしての心構えです。

【ドライバー基礎知識】運送業界の今と昔

運送業界は今と昔では大きく変化しました。

変化点がいくつかあります。

昔は運送業界といえば「キツイ、汚い、危険」の「3K」業界でした。

金銭的には頑張れば、大きな収入を得ることが出来ましたが、「3K」というデメリットも存在しました。

メリットがあるがデメリットも大きな業界でした。

しかし、現在はドライバー不足やトラック事故の発生件数が深刻な社会問題となり、全国および地方のトラック協会や各運送会社などによる改善努力により、以前に比べて大幅に「3K」の傾向が減少してきました。

労働環境が改善され無理な過重労働が減ったことにより以前ほどは大きなお金を稼ぐことは難しくなりましたが、安全安心な労働環境が確保されてきています。

休憩時間の厳格化や仮眠時の安眠グッズの充実もすすみ、昔に比べればストレスの大幅削減につながっています。

しかし、この業界は肉体労働であることは理解しておく必要があります。

中長距離運転や荷物の積み下ろしは今でも必要です。

手積み手下ろしも存在します。

しかし、以前に比べれば、大型物流センターが各地に完成したことにより大型化や高性能のフォークリフト導入により作業が効率化され、ドライバーの負担軽減につながっています。

大型物流センターでは荷物の積み下ろしが楽にできるように設計されているものを多く存在します。

また、トラック自体の進歩も大きなものがあります。

エアサスペンションやエアサスペンションシートの普及によりドライバーの身体に配慮したトラックが多くなってきました。

なお、昔も今も変わらないのは安全運転励行です。

安全運転をすることは自分の収入を高く維持するためにも重要な要素です。

多くの運送会社で無事故手当という手当を支給しています。

金額的には数万円程度支給されるようです。

事故を起こすと荷物の破損や遅延にもつながります。

損害賠償も生じる場合があります。

また、事故は運転免許証の停止や取り消しにつながります。

ドライバーが運転できなくなれば、収入の減少に直結します。

不必要な急加速や急ブレーキも事故リスクと燃費に影響します。

安全運転を心がけることが自分自身を守り、自分の周りを走るトラックも守ることになります。

日本の物流には運送業界はなくてはならない存在です。

戸口から戸口までものを運ぶことができるのは日本経済を支える重要な業界であることを理解し、プロ意識をもち続けることがこの業界の発展につながります。

ドライバーになるために!二種免許取得にかかる期間と費用

タクシーやバス、運転代行業務などのドライバーになりたいと思っているのであれば、一般的な自動車免許だけではなることができません。

別途に主免許の取得をする事になるので、じっくりとこれまでの運転の仕方を思い出しながら取り組んでいきましょう。

お客様を乗せてお金を頂くというだけでなく、命をお預かりするという事、安全に運転できることも必要になりますので、二種免許が必要になります。

取得するためにはまず第一条件として、一種免許の取得から3年以上経過していないといけませんので、まだ一種免許を取ったばかりというのであれば、勤務先とも相談しておいてこれからどのようにすればいいのかも考えておくようにするといいでしょう。

年齢は21歳以上である事、そして視力や聴力、色彩能力、運動能力というような項目もドライバーに必要なこととして検査でチェックされます。

二種免許を取ろうと思ったら、試験が二種類あるのでこちらも抑えておきたいポイントとなります。

誰もが大変に感じてしまいがちな学科試験ですが、これはマークシート95問で文章90問、イラスト5問で構成されています。

一種と比べてみると応用問題が多いので、少し難しく感じることもあるかもしれませんが、しっかりと勉強をすれば解く事は可能です。

もし他の二種免許を保持している場合には免除されます。

もちろん、技能試験もありますが、こちらも一種と比較してみると「ドライバーとして命を守る」という大切な仕事となりますので、きちんとした運転技術や配慮があるのかどうかということがチェックされます。

教習所内での試験と、路上での試験とで構成されていますが、意外に技能試験の方が難しいという意見もあります。

合格ラインの点数は90点以上となりますので、練習できる機会があればじっくりと一般自動車の時の運転の癖が出ないように見てもらうのもよいでしょう。

ドライバーになるために必要な二種免許ですが、期間としては自分で通っていくのであれば一般的には10日前後、合宿を利用するのであれば7~8日程度かけて取り組む事になります。

費用は一種免許ほどではありませんが、それでも約20~25万円前後はかかってきます。

自分の状況に応じて、きちんと取得ができるようになるまでの期間や費用も目処をつけた上で計画を立てて行くようにしてみて下さい。

タクシー会社などで必要になる時は補助が出る事もありますので、その時には確認しておくとより取得がスムーズになります。

二種免許が必須となる職業にはどんなものがある?

運転免許にはドライバーが必ず持っている一種免許に加えて、ワンランク上の二種免許があります。

この免許は、主にタクシーやバスなど、人を乗せて運転するためには必須の免許となります。

乗車定員10人以下のドライバーであれば普通自動車二種、定員11人~29人のマイクロバスなどの運転ならば中型二種、路線バスや観光バスなど、30人以上定員の場合は大型二種がそれぞれ必要となります。

二種免許が必須となる職業は、一般タクシーのドライバーや路線バスの運転手が代表例です。

しかし、その他にもさまざまな仕事があります。

具体例をチェックしてみましょう。

まずは、運転代行が考えられます。

運転代行とは、飲酒などの理由で車の所有者が運転できないケースに、代わりに運転するサービス業です。

運転代行の仕組みは、利用者を乗せたお客様の車(客車)を1人のドライバー運転し、もう1人は営業所の車(随伴車)で客車を追いかけるような形でお客様の自宅へ移動します。

そして、無事代行業が終わると、2人のドライバーは随伴車で一緒に営業所に戻るというサービスです。

客車の運転をするドライバーは利用者を乗せて運転するわけですから、二種免許が必要となります。

一方、随伴車の運転手は一種免許で大丈夫です。

二種免許を取得すると、運転代行業者として開業することができます。

立地条件などによっては、大きく稼ぐこともできる事業です。

また、近年では介護タクシーという仕事が注目されています。

これは介護保険の適用があるタクシーサービスで、一般のタクシーとは異なり、利用者が格安で利用できるメリットがあります。

介護の資格と二種免許を組み合わせることで、この職業に就くことができます。

高齢化が進むことから、ニーズがますます高まることが確実視されている職業です。

介護の資格や経験を持っている方は、ぜひ、チャレンジしてみてください。

もちろん、独立開業も可能な職種です。

最後に、送迎バスの運転手という道が考えられます。

近年では、少子化が進んでいることから、教育にお金をかける親御さんが増えてきました。

こうした中、自宅から近い学校や塾ではなく、少し距離が離れた場所にある学校や塾を選ぶケースが増えています。

しかも、両親は共働きで送迎ができないという場合があります。

そして、子どもたちの防犯の面も考慮して送迎バスを出すところが増えています。

二種免許(できれば中型や大型)を持っていれば、こうしたバスの運転手になることもできます。

また、介護福祉施設などでも送迎車の運転手を募集しているケースも多々あります。

責任感重大!それでも続けたいバスドライバーという仕事

日本では、過酷だというイメージの影響もあり、バスの運転手が不足しています。

そのため、会社側も様々な待遇を用意してドライバーを募集しているのです。

公共交通機関で利用されている車のドライバーは、社会のインフラを支えているやりがいのある仕事です。

業界では、高齢者が多い状態なので、若者を必要としています。

ヨーロッパの場合、女性の運転手も多いのですが、日本の場合は女性は全体の数パーセントしかいません。

バスの場合、運転するには大型二種免許が必要になります。

大型二種免許は、普通自動車免許を取得してから3年以上経過した人であれば取得することができます。

現在、多くの会社が新卒のドライバーを募集しています。

ほとんどの会社で養成制度があり、会社の負担で大型二種免許が取れます。

また、研修も手厚く行われているので、新卒でも安心してドライバーとしての訓練ができます。

公共機関の場合、経営が安定しています。

大型車のドライバーは、大変だというイメージがありますが勤務時間や休日などの規定はしっかりとあるので、入社してみて働きやすいと感じる人も少なくありません。

バスの業界は、ほとんどが中途採用です。

仕事内容では、運転の他に車両点検も行います。

エンジンや計器にトラブルがないか、タイヤに問題はないかなどをチェックします。

乗客が降りた後は、車内に忘れ物がないか調べます。

公共機関のバスの場合、運転技術も重要ですが、コミュニケーション能力も重要です。

会社は、民間運営と公営があります。

公営の場合、地方自治体の職員なので公務員になります。

ただ、民間に委託しているケースもあり、その場合は、公務員ではなく会社員になります。

東京都の場合は、東京都交通局が運転手を採用しています。

この場合、運転手は運輸系職員になります。

運輸系職員になるには、独自の試験を受けて合格する必要があります。

試験の内容は、筆記試験、面接、実技です。

公務員の場合、受験する際に様々な条件があるので、事前に条件をよく確認してから試験を受けることが大事です。

バスの運転手は、時間を守りながら安全に運転することが求められます。

運転手という面とサービス業という面があり、運転技術を磨く一方で、接客技術を磨く必要もあります。

バスの運転手は、運転が好きで、無理なく人とのコミュニケーションが取れる人が向いています。

安全運転を行うには、健康管理も大切です。

会社には運転手の健康管理をサポートする担当者がいますが、自分でもしっかりと健康を管理する必要があります。

定年まで働ける路線バスドライバー

路線バスドライバーという職業の魅力は、何といっても定年まで働くことができる安定感にあります。

ドライバーの仕事の内容は路線バスを時間通りに運行することですが、車両のメンテナンスや清掃なども業務に含まれています。

また、乗客とのやり取りなどもあり、接客業の一面も持っています。

車椅子など体の不自由な人や高齢者、赤ちゃんを連れた人のサポートをすることもあります。

ドライバーとして働きたい時には、路線バスを運営している会社に就職するのが一般的です。

一度入社すると、そのまま定年まで勤めあげる人が多いと言われています。

収入は高収入とまでは言えませんが、勤務年数が増えるにつれて徐々に給与は上がっていく年功序列のシステムになっているところが多いので安定しています。

事故の有無などが人事評価のポイントになることも多いので、無事故で勤務を続けると収入がアップする場合もあります。

それから勤務実績や勤務態度なども評価の対象になるとされています。

バスを運転するには、大型二種免許が必要です。

最近では若者の車離れなどもあって免許を持っていない人も多く、ドライバーの需要は多くあります。

そのため大型二種免許を持っている人は求人も多いので、比較的就職しやすい状況になっています。

労働環境や雇用条件はそれぞれの会社によって違いますが、大型二種免許を持っている人や他の会社で勤務実績がある人などはより条件の良い会社を選ぶことができます。

また、運営会社によっては免許の取得費用を助成しているところもあります。

免許の取得費用を貸し付ける制度もあり、一定の期間勤務すれば費用の返済が免除になるという仕組みになっています。

最近では、この制度を利用してドライバーになる人も増えてきています。

ドライバーの勤務形態は勤務する会社によっても異なりますが、日曜日や祝日などもバスは運行しているので基本的に休日出勤があります。

また、深夜に運行していることもあるので、勤務時間も長めになっています。

路線バスのドライバーは同じオフィスにずっといるサラリーマンとは違って、職場の人と顔を合わせる機会がさほど多くありません。

そのため職場での人間関係のストレスは比較的少ないといえます。

また、乗客との触れ合いもあるので、接客をしたいという人にも向いている職業です。

ただし、事故を起こしてしまったり、飲酒運転や危険運転などをしてしまった場合には乗務停止になってしまうこともあります。

最悪の場合には解雇されてしまうこともあるので注意が必要です。

白ナンバートラックドライバーの仕事内容とやりがい:食品加工業

トラックドライバーの仕事の中には、白ナンバーの車両で働く方法もあります。

一つの企業に就職する方法になり、その会社内でのトラック運転を担当することが一般的です。

例えば食品加工業を見ることができます。

この業界では自社にて製造をしている食品が多数存在していることになり、自社にて顧客先へと商品を搬入する仕事が一般的です。

細かく言うならば、食品加工業の場合では工場で製造した商品については、一旦は倉庫に保管されることが多いものです。

多数の顧客として小売店や卸し売り会社と取引をしていることになるので、各顧客から注文が入った際には、自社にて白ナンバーのトラックで商品を運ぶことになります。

一般的に多い傾向にある仕事内容としては、ルート配送になります。

担当しているエリア内で基本的には毎日同じ顧客へと配送を行う方法なので、就職した後に一定期間、先輩に付いてルート先を覚える方法で、直ぐに仕事に慣れることになります。

搬入する商品の大きさや量によって違いはありますが、トラックドライバーは顧客先の会社や店舗内に商品を搬入する際には、台車を利用して業者専用の出入り口から入ることが多い傾向にあります。

例えば百貨店や大型量販店などの場合では、搬入口というものが決められていて、ルールに従って入店する方法になります。

従って、固定されたルートを覚える内容と搬入する方法を覚えることで、簡単にドライバーとして活躍することができます。

顧客に対しては、常に愛想よく笑顔で対応することも必要になり、営業スタッフの補佐的な要素を持っており、会社の顔として活躍できるやりがいもあります。

このタイプのドライバーの仕事では、個人で仕事を受注することが全くない状態でもあり、商品については注文があって需要に応じて配送する方法になるので、仕事的には非常に安定しているということができます。

また、一般的なトラックドライバーとは異なり、食品加工業での仕事の場合では、残業時間などが少ない傾向にあり、休日もしっかりと確保できる職場環境が多いので、収入面だけではなく生活面においても安定している状態になります。

白ナンバーで会社に帰属している仕事の場合では、着用する仕事着に関してもラフなものではなく、会社員として清潔な服装を行うことが多い傾向にあるので、ドライバーという仕事の中でも会社員的な要素が大きな仕事になります。

このドライバーの仕事では、顧客先の都合に合わせた労働になるので、深夜勤務などが少ないこともメリットとして考えることができます。