インタビュー・ウィズ・エイリアン ~夜の男に聞く~

エイリアン

「風俗店勤務」という得体の知れなさ

風俗店で働いているのは、何も女性ばかりというわけではない。

いや、というより、大半の女性が一過性の在籍で辞めていくことを思えば、生涯の仕事として風俗業界に身を置く覚悟有る人材は、その大半が「男」であろう。

風俗業界で男性が受け持つ仕事は、意外なほどに多い。

▼風俗業界で男性を募集する業務
・ドライバー
・受付社員
・WEB関連クリエイター
・カメラマン
・店長等管理職

特にチェーン化された有名店などにおいては「支配人」や「統括」など、それこそ一般企業とさして変わらない役職が存在している。

ただ、だからといって周囲の評価が一般企業のソレと同等かと言われれば、それはあり得ないであろう。
昔よりクリーンになったとはいえ、業界に対して根深く残る偏見や負のイメージは如何ともし難く、現代においてさえ殆どの人間が、

「風俗店で働いてます。」

って男性を、得体の知れない「エイリアン」を見るような目で見るであろう。

エイリアン

とはいえ、だ。
だからそれが、一体何だというのだ?


人間にとって1番大切なことは、自分の人生を自分自身が「幸せだ」と感じることである。

人の目や評価、いわゆる「世間体」などは、ぶっちゃけていえばどうでもいい話であり、そういう観点から見れば、風俗業界は決して、男子にとって悪い業界ではないのである。

というわけで、今回の記事は現在、実際に風俗店で働いている28歳のKさんにスポットを当て、インタビューしてみたいと思います。


K氏 28歳(ホテヘル店社員・主に受付業務を担当)

物流サービス

前職ですか?物流です。今風に言えば、いわゆる「〇川男子」ですよ。

近距離専門で毎日早朝から夜遅くまでの肉体労働っすね。

僕は、野球の推薦で入った高校で肩を壊しましてね、卒業してからしばらくは自暴自棄気味に、まぁパチで食ってたんですが、そんなお金が長く続くはずもなく・・・

でまぁ、体力だけは自信があったんで、トラック転がし始めたんです。


でもこれが、想像以上に過酷でしてね(笑)
給料は手取りで40万円くらいはあったので悪くはなかったんですが、とにかく体力的にキツイ。

それにも増して精神面が厳しくてね、自分のための自由な時間なんて、殆ど取れないわけですよ。

たまの休みは疲れ切って家で寝るだけ・・・みたいなね(笑)


当時は真剣に
《こんなことなら人間としてじゃなくて、もう最初から「佐〇急便」のトラックとして生まれてきた方が良かった》

とさえ思ってましたから(笑)

トラック

ま、正直病んでましたよね、俺の人生って、一体何だろうって・・・。



結局野球を諦めることはできても、
(荷物を運ぶために自分は生まれてきたんだ)
って思うことはできなかったんでしょうね。


要は、「野球の次」を探したかったんですよ。
人生を見つめる時間が欲しかった。

で、1年前のある日、スポーツ新聞の求人欄で、今の店の求人を見つけましてね。


「週休2日の交代制」っていうのに惹かれて、何となく面接受けたら受かっちゃいまして・・・特に深く考えることもなく、しばらく働いてみることにしたんです。


K氏からの風俗業界のススメ

電話をする男性

この業界のいいところですか??

あまりにもありすぎてなかなかまとめにくいのですが、1つはやっぱり肉体的に楽ですよね(笑)

クーラーやヒーターの効いた部屋で、お客からの電話に対応するのがメインの業務なわけですから、肉体労働に比べれば圧倒的に暇だし楽チン。

それこそ電話のない時は座ってるだけって状態が続くこともあるわけで、こんなんで給料貰うのは申し訳ないくらいです。


あと、その給料も、この仕事の内容にしてはかなりいいですよね。

そりゃ佐〇に比べりゃ少し落ちますけど、僕で今、きちんと社会保険に加入させてもらった上で月30万円は貰ってますから、待遇としてはまさに破格です。


それと、これが1番極めつけのお勧め点なんですが、自分の時間が持てるってこと。

ホテヘル店って営業時間が10時~24時と長いんですが、うちはそこを十分考慮してくれてて、早番と遅番の交代制なんですよ。

早番は10時~19時、遅番は15時~24時なんですが、早番は早番で夜19時にはあがれるし、遅番は遅番で15時出勤ですから、家に帰ってからゆっくりテレビ観たり、夜更かしや寝坊も全然大丈夫なんです。

その上、最低でも月8日はお休みをくれますから、簡単に言えば仕事のために生きるんじゃなくて、生きるために仕事をすることができる・・・いうわけ。



ちなみに、僕はここに来てから「マンション管理士」という資格を取りました。

マンション

転職のために、っていうんじゃなくて、うちのホテヘルは事務所も待機所もマンションですから、一応今後、店長になった時に、何かの役に立つかと思いましてね(笑)

要は今の仕事は、面白い上にやりがいも見出せて、しかも自分の時間まで持てるって感じで、至れり尽くせりです。

勤める店さえ間違わなければ、風俗は「男子一生の仕事」足り得ますよ!


インタビュー後の雑談にて

インタビューを受ける男性

インタビュー後、K氏が言っていたことがある。

「今、世間ってパワハラやセクハラやコンプライアンスに敏感になりすぎて、結果的に女子が甘やかされている傾向があると思うんです。

僕が佐〇に行った理由って、その前に居たOA機器の販売会社で、女性の営業だけが、上司にニャンニャン媚びうって、いいアポ(商談のネタ)を貰うのを体験したからなんですよ。

そういう不公平や理不尽、色気に弱いバカな上司に耐えられなくてね(笑)

で、男社会の佐〇に行ったわけです。


ところが今の職場の女性たちは、男ができない過酷な仕事をしてお店を支えてくれてるわけで――――。


世間のバランスはこういうとこで取れてるんだなと、つくづく思います。

男にとってのこの業界は、殆どの業界より理不尽や不公平が少ないと思いますよ。

先人たちにいい加減な人が多かったせいで、与えられた仕事を一生懸命やりさえすれば、凄く評価してもらえますから(笑)
僕もおかげさまで、来年には店長になる予定です。

若い男性には、世間体を気にせずに飛び込んで来て欲しいですよね」



………視野を広げれば、幸せは案外、手の届くところにあるようです。


P.S
20代~40代の男性向け、風俗店で働くのにおすすめしたいポータルサイト、風俗男性求人はFENIXJOB(フェニックスジョブ)で求人探し!!

タクシードライバーに必要な資格と適性は?

タクシードライバーになるためには、通常の普通自動車第一種運転免許の他に、普通自動車第二種運転免許という資格が必要です。

これは旅客用自動車にお客を乗せるという行為が必要になるからです。

この資格を取得するためには、一種免許を取得した後に3年以上が経過していることが必要となります。

この二種免許を取得するための試験には、運転技能試験の他に学科試験と視力などの適性検査があります。

タクシー会社の多くは一種免許さえあれば採用するケースがほとんどです。

二種免許は会社の負担で受験できるようになっています。

10日ほどあれば資格は取得できるので、その後にタクシー会社が行っている社内研修を受けることになります。

これはお客を乗せるためにサービス業としてのスキルやマナーを身に付けるのが目的です。

東京や大阪などの中心部で会社に勤務する場合には、これらの研修の他にも地理試験に合格する必要があります。

この地理試験に合格するためには、幹線道路や主要施設などを頭に入れておくことが大事です。

タクシードライバーになるための適性にはいくつかの要素があります。

まず基本的に運転能力に優れていることは当然と言えます。

それもお客を乗せて快適に感じてもらえるようなドライブテクニックが求められます。

自分1人が運転する感覚ではいけないというわけです。

そして常に安全を意識できることも重要です。

どのような突発的なことがあっても、冷静に対処して安全を確保できるスキルが求められます。

他の車の運転に影響されず、自分自身の運転に集中することが必要です。

また地理に強いことも必須と言えます。

多くのタクシードライバーの転職者は道を知らず、お客に聞くようなケースも見られます。

これでは不安感を与えますし、最短距離での運転ができなければお客に損害を与えることになります。

場合によってはクレームにつながるので、地理に関する勉強は常に行うことが大事です。

そしてタクシードライバーに最も必要とされるのが、サービス業としての意識の高さです。

単に荷物を目的地まで運ぶわけではないので、人を運んでいるという意識を持てることが重要です。

海外旅行者も増えている中で、観光客を乗せる機会も多くなります。

その時にドライバーそれぞれがどの程度の接客意識を持っているかによって、外国人旅行客の日本に対する意識も大きく影響されることを知っておく必要があります。

最後に、自己管理をしっかり行えることも安全運転につながるために重要と言えます。

タクシードライバーになりたいと思ったら!タクシー会社の選び方

未経験でタクシードライバーになりたいと思う人が、どんなタクシー会社を選べば良いのか考えるためには自分の目的意識を明確にする必要があります。

つまりタクシー業者に何を求めるのかということです。

タクシー業者には様々なタイプがあるので、何を求めるのかによって選択肢が分かれます。

例えばとにかく稼ぎたいと考える人手あれば、給与面を重視している会社を探す必要があります。

大抵は売り上げによって給与は変動しますが、その歩合につながる歩率が高いところを探すことになります。

もちろん、そのような業者ではドライバー同士の競争が激しいので、成績を出せない人は続かないという傾向があります。

ある程度経験を積んでからチャレンジすべき業者であると言えます。

あるいは成績が出せない場合には歩率が下がるので、スキルを高める必要があります。

運転技術やサービススキルなど自身で取り組めることが多くあるので、日々磨きをかけることが大事です。

一方で収入よりも安心して働ける環境を求める場合には、待遇面を重視しているような会社を選ぶ必要があります。

ドライバーがいかに快適に働くことができるかに取り組んでいるのが特徴で、例えば研修制度が充実しているといったことがポイントとなります。

選び方としては他に、寮を完備していたり定年制度を設けていないところなどがあります。

またマイカーでの通勤ができるところも、駅から遠い場所であれば嬉しいものです。

あるいは職場環境に力を入れている会社を選ぶ手段もあります。

例えば多くの場合、勤務形態としては隔日勤務として朝から翌日の朝まで勤務するといった形になっています。

けれども健康面に配慮して、昼のみ勤務できたり夜の勤務だけを選択できるようなところも増えてきています。

勤務形態を多様化することで、優秀な人材を採用したいという業界の事情もあります。

これは外国人観光客の増加に対応して、サービス業としてのスキルを高めたいという目論見があるからです。

このように従来は当たり前と考えられていた勤務形態を見直す動きが見られます。

それによって働き方も多様化していますし、会社環境も変化を見せています。

その中で様々な選び方ができるようになっていることで、自分がどのような勤務を望むのかを明確にしておくことが重要と言えます。

最初のうちはドライバースキルを高めるために働きやすい環境を選び、慣れてきたら給与面で好待遇となる職場を探すといった流れになるでしょう。

何歳からでも目指せるタクシードライバーという仕事

私がタクシードライバーとして働くようになったのは、40年近く働いた一般企業を早期引退した50代半ばの頃でした。

通常なら、50代を過ぎた中年以降の男性が、仕事を見つけるのは時に非常に難しいと思うのですが、私の場合、タイミングが良かったのか、それともタクシー業界が今労働力不足なのか、すぐに雇い先を見つける事ができました。

もちろん第2種運転免許が必要ですので、雇い先を見つける前にしっかりと資格と取得してから就職活動をしましたが、それでも最初に応募した会社に採用された事を考えるとかなり幸運だった事は間違いありません。

私は、一般企業に勤めてはいましたが、営業畑でずっと働いており、車の運転で取引先を回る仕事をしていましたので、ドライバーとしての技術や経験が豊富だったことも採用につながったのかもしれません。

既にタクシードライバーとして5年のキャリアを経ましたが、私が思う限りでは、タクシードライバーに年齢制限はないと思います。

実際私が始めたのも、決して若い年齢ではありませんでしたし、運転技術と周辺地域の地理を把握する力さえあれば問題ありません。

中には接客に自信がないという方も少なくないかもしれませんが、接客というのは自然と身につくものですし、意識する程丁寧な接客は逆にわざとらしく感じる事もありますので、あくまでも自然体で仕事をすれば良いと思います。

私の場合は、お客様が休みたい時は少しの時間でもできるだけ快適に休んで頂くように心がけていますし、逆に話が好きな方には十分にお付き合いさせて頂いています。

タクシードライバーとしてそれなりに働いていれば、時には常連さんと呼ばせて頂くようなお客様もそれなりにできてきて、飲み会の帰りなどご指名でご利用いただける方もいます。

タクシードライバーとして働く為の最低限の条件は、やはり地理だと思います。

お客様が行きたい場所がわからないようでは話になりません。

どのような場所を言われても、聞き返す事なく対応できる事は必要だと思います。

またお客様によっては、私が予想していたルートとは違う道をご指摘頂く事もありますが、そのような時も口答えなどせず、丁寧に応対する事も大切だと思います。

中には非常識なお客様も決して少なくはありませんが、常に冷静に対処していれば大きな問題になる事はありません。

働こうと思えば何歳からでも働く事ができ、元気であれば何歳までも仕事ができます。

タクシードライバーは運転技術だけではダメ!

タクシードライバーになるには、運転技術は重要ですが、それだけが必要なわけではありません。

タクシードライバーをする以上はお客さんを乗せますので、接客に関する知識も必要になります。

接客とは具体的に言えば、お客さんを安全に目的地まで運ぶことが一つ目です。

かつては運転の荒っぽいタクシードライバーもたくさんいたかもしれませんが、最近ではそのようなドライバーはほぼ皆無になっています。

荒っぽい運転をすると、お客さんから会社に対してクレームが入り、その運転手に注意ができます。

あまり慎重に運転し過ぎてもいけませんが、かといってお客さんが怖がるような運転をしてはいけません。

安全にそしてすばやく目的地に着けるようにする必要があります。

まずこれが大前提です。

次に、お客さんを退屈させないように様々な話題を身につけておくことが必要です。

お客さんの中にも黙っていてほしいと思っているお客さんもいますが、話し好きのお客さんもいます。

特に話す必要がないお客さんに対して無理に話しをかけると機嫌を損ねてしまいますので、お客さんの雰囲気によって話しをするかどうかを判断しなければなりません。

もし、話し好きのお客さんが乗車してきたら、話しをよく聞くことが重要です。

自分の話しも重要ですが、とにかく話しを聞く姿勢を身につけることが大事です。

これを学ぶためには、銀座のスナックのママのように話しの聞き上手になる必要があります。

自分の意見はあまり言わず、相手の話しにうまく合わせて相槌を打つことも重要です。

これとは逆に、こちらから話題を触れるようにしておくことも必要になります。

そのためには事前にニュースなどをよく見ておき、話しができるようにしておく必要があります。

個人のタクシードライバーならば、タクシーの見た目を個性的にしてもよいでしょう。

例えば、見た目を犬や猫のように改造してしまう方法もあります。

実際に猫の自動車に改造して、地域の人々から愛されているドライバーもいます。

テレビなどでも取り上げられて、ますます注目されるのは間違いないでしょう。

これによってほかのタクシーと大きく差をつけることができます。

基本的に乗る人にとっては目的地にさえつけば問題ありませんが、それならばどれを利用しても同じになってしまいます。

ですが、ほかのドライバーが意識していないような事を身につけておき、それをお客さんにわかりやすい形で提供すると、客足を伸ばすことができます。

自分自身の力にもなりますし、会社にも貢献することができます。

観光バスドライバーと路線バスドライバーの違い

観光バスと路線バスのドライバーの大きな違いは、毎日同じところを走るかどうか、ということでしょう。

当然ながら、あちこちの観光地に向かう仕事のほうが人気が高く、競争も激しくなります。

観光バスのドライバーは、その日だけ臨時に運転を頼まれた素人ドライバーというイメージを持たれることもありますが、それは繁忙期に時に見られるケースであって、バス会社のドライバーとして採用され、路線か観光かに振り分けられる場合は、まず路線のほうから始めるのが一般的です。

路線バスのドライバーとして経験を積み、運転技術を磨いてから、観光バスの運転手になるというケースが多いです。

いずれの場合も、普通の運転免許だけでは運転手にはなれません。

大型二種免許が必要になります。

これを取るのは、結構たいへんです。

ただ、現在は人手不足ですから、会社側が免許取得費用を支払ってくれる場合もあります。

会社が指定した自動車教習所で免許を取って、その会社に3年勤めたら、免許取得費用の返済が免除になる、という制度のある会社もありますから、そうした制度を利用するのもひとつの方法です。

ただ、そうした制度を利用するのは一般的ではなく、運転手になりたいという希望が特に強い人は、自前で免許を取ることが多いです。

まず大型一種免許を取って、トラックの運転で技術を磨き、大型二種免許に挑戦するという経過をたどる人も多いです。

晴れて大型二種免許を取り、会社に運転手として就職したあとは、路線の運転手としてまず修行を積むことになります。

毎日同じルートを通るため、初心者でも対応しやすい面があります。

毎回違った旅行先に向かう場合はたいへんです。

旅行先に着くまでは、険しい山あり谷ありというケースも少なくありません。

狭い道、雪道、舗装されていない道などを通って行かなければならないこともあります。

初めての道を運転することも当然多く、そうした場合でも安全運転ができる高度な技術が必要になります。

また、お客が長時間乗車することになるため、酔わないよう、なるべく揺れない運転をする気遣いも求められます。

生活の足となっている交通手段というわけではないため、お客から人気を得る必要があります。

そのため、熟練した運転手を任務に就けることが多いです。

安さだけを競うこともある高速便とは違い、お客は目的地へ着くまでの途中経過も旅の重要要素としています。

それに応えられる運転手であることが求められます。

独断と偏見で推薦!こんな人は観光バスドライバーに向いている

ドライバーにも様々な種類がありますが、その中でも観光バスのドライバーも人気の職業の一つになります。

観光バスのドライバーが人気の理由は、仕事があるたびに観光地に行くことが出来るからです。

また、遠出をした時には、現地のホテルで宿泊をすることが出来ます。

このように観光バスのドライバーは、どのようの人が向いているでしょうか。

まず、アウトドアや外出をするのが好きな人は向いています。

毎日事務仕事や工場で働く場合のような室内で仕事をするよりも、バスに乗って遠出をして、いろいろな景色を見ることが好きな人にとってはたまらない仕事です。

仕事そのものが趣味に直結し、その結果お客さんを満足させることもできます。

まさしくライフワークということができるでしょう。

嫌々運転をする人よりも、楽しみながら運転ができるドライバーの方がお客さんも楽しくそして気持ちよく旅行をすることができます。

運転自体が好きな人も向いています。

ドライバーの仕事は当然自動車の運転をすることですが、その運転自体が好きであれば、仕事自体を好きになったのと同じです。

毎日わくわくした気持ちを持つことができ、自然とお客さんもわくわくしてくるかもしれません。

細かなところでは、健康管理がしっかりできる人もドライバーに向いています。

通常、運転する前には毎回体調チェックを行います。

体調がすぐれていないと、事故を起こす可能性があるからです。

もし、路線バスのように出発から到着するまで1時間程度であれば、多少体調がすぐれていなくてもそれほどは問題ありませんが、3時間から半日の長距離の運転をしたり、時には泊まり込みになる運転で体調不良の場合は、そもそも運転させてもらえない可能性があります。

そこで、普段から体調管理に気を使い、風邪をひかない人や病気にならない人は適正と言えるでしょう。

例えば、学生時代に皆勤賞をもらった人などは向いていると言えます。

こつこつと頑張れる人も観光バスのドライバーに向いています。

長距離運転する場合には、カーナビゲーションもありますが、基本的にナビゲーションを見ずとも運転できるだけの知識と技術が必要です。

これは一朝一夕になしうるうではなく、長期的に経験をし、日々学ぶことでなし得ることが可能になります。

例えば、目的地まで時間通りにつかない場合があれば、どうしたら時間通りに着くかを考え、1日の行動を振り返ることも大事です。

地味な作業ですが、勤勉さはドライバーとしては重要なことになります。

知っておきたい路線バスドライバーの勤務形態と年収

日本のどの地方にも路線バスは走っていますが、バスを利用する人であれば身近な路線バスドライバーでもどのような勤務形態で働いているのか、あるいはどれぐらいの年収をもらっているのか気になる人も少なくないでしょう。

そこで、路線バスドライバーの年収と勤務体系について説明をしていきます。

まず、ドライバーの年収ですが、日本全国の会社を平均するとおよそ425万円ほどになります。

月給はおよそ31万円ほど、ボーナスは1回につき51万円程度になっています。

この数値は、新人ドライバーからベテランドライバーまでを合わせた数値になりますので、最初から425万円をもらえるわけではありません。

最初はおよそ25万円から30万円の月収になります。

ボーナスは20万円から30万円ぐらいからスタートすることが多く、10年ほど継続して勤務をすると平均年収に近づいてきます。

もちろんベテランの運転士は500万円以上もらっている人もいますが、600万円以上もらうのは管理職や役員などになる必要があるでしょう。

ボーナスの基準は各社によって異なりますが、時間通りに運行し、クレームが少なかった人は多い傾向にあります。

ただ、営業マンではありませんのでドライバーごとにそれほど差がつくわけではありません。

次に、勤務形態ですが、基本的には普通のサラリーマンなどと違い朝の8時から9時ぐらいに出勤し、夕方に帰れることはあまりありません。

1回の勤務時間は、15時間に及ぶこともあります。

その間5時間から6時間程度運転をし、残り時間で事務作業やバスの管理、洗車などを行ってきます。

一回に運転する時間は4時間以内と決められています。

例えばバスの営業所から終点の駅まで1時間だとしたら、1往復で2時間かかりますので、2往復までなら一度に運転することができます。

ただし4時間の間に30分の休憩を入れなければいけない決まりがあります。

30分の休憩は、一度に30分とらなくてもよくなっており、例えば10分刻みで3回休憩をとれば法律に違反しません。

この10分間の休憩時間は、終点に到着し、出発するまでの時間が10分程度あることが多いですが、これが休憩時間にあたります。

道路が空いていれば、10分以上の休憩を取ることは可能ですが、道路が込んでおり到着が遅れた場合などは、休憩時間がなくなることもあります。

ただし、会社によっては別のところで休憩時間をくれるところもありますので、一概に休憩が消えるとは限りません。

15時間勤務の場合は、1日働いて1日休みといった感じの勤務形態になっているところが多いです。

路線バスドライバーの転職のコツ

路線バスのドライバーは、電車の運転手などと並び子どもにとっては憧れの職業です。

子どもの頃に運転席の後ろに座って、ドライバーの様子を眺めていた男性も多いでしょう。

憧れの職業でもある路線バスのドライバーは、全国各地で定期的に募集されています。

別の職業からの転職も可能なので、大人になってから子どもの頃の夢を叶えることは可能です。

しかし、転職をする前に気をつけておきたいのは、勤務形態や雇用条件です。

ドライバーの勤務形態や雇用条件は、各バス会社によって変わります。

確認をせずに就職してしまうと、働き始めてから理想と現実のギャップを感じることになりかねません。

子どもが憧れる職業と言っても、決して楽な仕事ではないので、勤務形態や雇用条件は必ず確認しましょう。

一般的に路線バスのドライバーの年収は、平均で400万円と言われています。

他の職業と比べると極端に低いわけではなく、かといって高額というわけでもありません。

ベテランのドライバーでも年収は550万円なので、転職しても安定した生活を送ることはできるでしょう。

また、会社によっては評価や不正の発見、回数券の売り上げなどを基にして、ボーナスを支給するところもあります。

年収を増やすために特に重要なのが、勤務内容の評価です。

無事故・無違反はもちろん、実績や後進の指導などで会社に貢献したと認められれば、昇給し年収はアップします。

一定の収入を稼げて昇給の見込みもあるなら、ドライバーは優良な仕事と思われるかもしれません。

しかし、路線バスのドライバーは勤務時間が長くなりがちで、休日出勤も度々あります。

現在は人手不足でどこの会社もドライバーの確保に躍起になっており、その結果現在働いている人々にもしわ寄せが来ているわけです。

具体的には、休みは週に1回程度、一日の勤務時間は乗車前後の点検や清掃まで含めると10時間ほどとされ、休日でも欠勤者がいると代わりに運転することになります。

こうした実態を知っていると、楽な仕事ではないことは良く分かるでしょう。

しかし、基本的に一人で行動するので、よくある人間関係に悩まされることは少ないです。

また、事故や法令違反を犯さなければ、一度就職すれば解雇されることもありません。

そのため、定年まで勤め上げるのが、路線バスの会社では一般的になっています。

こうしたドライバーならではの事情を知っておくと、転職した後に後悔することはないでしょう。

バスドライバーになるための免許と条件おさらい

子どもの頃から車が大好きだったという方の中には、路線バスや観光バスを運転してみたいという方も多いのではないでしょうか。

大きなバスをスイスイと自由に操るドライバーを目の当たりにして、「すごい!」と思った経験があるかもしれません。

ここで、ドライバーになるための条件をおさらいしておきましょう。

まず、バスドライバーになるためには大型第二種自動車運転免許が必要です。

これを取得するための条件は、「普通、中型、大型、大型特殊のいずれかの第一種免許を取得していること」、「満21歳以上であること」、「運転経験が3年以上あること」の3つの条件が必要となります。

また、視力や聴力などの適性が求められます。

具体的には、「両眼視力0.8以上かつ片眼視力0.5以上あること」、「深視力検査の誤差が2cm以内におさまっていること」、「赤色・青色・黄色の3つの色の識別ができること」、「10mの距離で90デシベルの警音器の音を聴き取れること」です。

取得方法については、他の種類の免許とほぼ一緒で、試験場で直接受験する方法と指定自動車教習所で運転技術を学ぶ方法があります。

試験場で直接受験する場合には路面での実技試験が行われますから、大型第一種または仮免が必要です。

また、二種免許を持っていない場合には、学科試験にもパスしなければなりません。

一方、指定自動車教習所で学ぶ場合には、第1段階と第2段階の教習をクリアし卒業試験に合格すること、そして試験場で学科試験と視力や聴力などの適性試験(条件は上述のとおり)に合格することが求められます。

就職活動を行う前に免許を取得しておくと、就職先が見つかりやすくなるメリットがあります。

なぜなら、即戦力のドライバーとして期待されるからです。

ただし、バス会社によっては、入社後の合格でも良いとしているところもあります。

この業界では、学歴が問われることはほとんどありません。

しかしながら、熱意や体力は採用に直結します。

したがって、面接などではなぜドライバーになりたいのかをしっかりアピールすることが大切です。

明確な志望動機があればあるほど、熱意があると判断されるでしょう。

無事採用されれば、いよいよドライバーとしてのデビューが近づきます。

しかし、その前に研修が設けられているのが一般的です。

路線や停留所などの地理について、ドライバーとしてのマナー、運転実技、アナウンスといったさまざまな内容の研修を経て、デビューを迎えます。

白ナンバートラックドライバーの仕事内容とやりがい:廃棄物処理業

世の中にはたくさんの仕事があるので、そのなかで自分に合っているものを見つけ出すのはなかなか難しいことです。

今の仕事は自分に合っていない気がする、もっと人のため、世の中のために役立つ仕事をしたいと考えているなら、白ナンバートラックドライバーの仕事を検討することをおすすめします。

普段何気なく目にしているトラックのナンバーが青か白かというのは、気にしたことがない人がほとんどでしょうが、実は色によって明確な違いがあります。

5台以上の貨物自動車を持つ運送業者の貨物自動車が青ナンバーで、繁忙期には高い給与をもらえますが、景気が悪くなると、大幅に下がる可能性があります。

日給制で雇われると、安定した収入を得られないこともあります。

自社で生産した製品なと?を運んでいる貨物自動車は白ナンバーて?、運送業者ではなく、トラックを所有する企業に雇用されているので、一定の給与をもらえるのが特徴です。

福利厚生や休日などの待遇も他の社員と同等なので、長期間安定して働きたい人におすすめです。

繁忙期たに収入が増えるということはないものの、高額のボーナスをもらえることがありますし、たとえドライバーとして働けなくなっても、その企業の生産現場などで仕事をすることが出来ます。

白ナンバートラックドライバーの仕事内容のひとつに廃棄物処理業があります。

廃棄物の収集を行い、それを処分する仕事なので、食品加工業や建設業などのように、トラックに乗って物を運んだり、相手方に受け渡す仕事ではなく、廃棄物の収集および処理を行います。

小型~中型程度のトラックを操れる方なら誰でも出来るので、たくさん稼げる仕事をしたい方に向いています。

廃棄物処理業というのは、人がやりたがらない仕事なので、その分稼げるのが魅力です。

大勢の人や地域の役に立つ仕事でもあるので、やりがいを感じることが出来ます。

公務員として採用された場合は、一生安定した状態で働けるので、家族を安心して養えます。

廃棄物処理業のドライバーの収入は非常に良いので、求人情報サイトでも高い人気があります。

人間が生活するうえで、産業廃棄物というのは必ず出るものなので、参拝物処理業の仕事がなくなることはありません。

エリアや繁忙期によっては年間休日日数かは少なめになりますが、その分は給与に反映されるので、バリバリ稼げる仕事をお探しの方には向いています。

社会に貢献できるうえ、人の役に立ちたい人には非常におすすめなので、求人情報サイトで募集されていたら、応募するようにしてください。