路線バスドライバーの転職のコツ

路線バスのドライバーは、電車の運転手などと並び子どもにとっては憧れの職業です。

子どもの頃に運転席の後ろに座って、ドライバーの様子を眺めていた男性も多いでしょう。

憧れの職業でもある路線バスのドライバーは、全国各地で定期的に募集されています。

別の職業からの転職も可能なので、大人になってから子どもの頃の夢を叶えることは可能です。

しかし、転職をする前に気をつけておきたいのは、勤務形態や雇用条件です。

ドライバーの勤務形態や雇用条件は、各バス会社によって変わります。

確認をせずに就職してしまうと、働き始めてから理想と現実のギャップを感じることになりかねません。

子どもが憧れる職業と言っても、決して楽な仕事ではないので、勤務形態や雇用条件は必ず確認しましょう。

一般的に路線バスのドライバーの年収は、平均で400万円と言われています。

他の職業と比べると極端に低いわけではなく、かといって高額というわけでもありません。

ベテランのドライバーでも年収は550万円なので、転職しても安定した生活を送ることはできるでしょう。

また、会社によっては評価や不正の発見、回数券の売り上げなどを基にして、ボーナスを支給するところもあります。

年収を増やすために特に重要なのが、勤務内容の評価です。

無事故・無違反はもちろん、実績や後進の指導などで会社に貢献したと認められれば、昇給し年収はアップします。

一定の収入を稼げて昇給の見込みもあるなら、ドライバーは優良な仕事と思われるかもしれません。

しかし、路線バスのドライバーは勤務時間が長くなりがちで、休日出勤も度々あります。

現在は人手不足でどこの会社もドライバーの確保に躍起になっており、その結果現在働いている人々にもしわ寄せが来ているわけです。

具体的には、休みは週に1回程度、一日の勤務時間は乗車前後の点検や清掃まで含めると10時間ほどとされ、休日でも欠勤者がいると代わりに運転することになります。

こうした実態を知っていると、楽な仕事ではないことは良く分かるでしょう。

しかし、基本的に一人で行動するので、よくある人間関係に悩まされることは少ないです。

また、事故や法令違反を犯さなければ、一度就職すれば解雇されることもありません。

そのため、定年まで勤め上げるのが、路線バスの会社では一般的になっています。

こうしたドライバーならではの事情を知っておくと、転職した後に後悔することはないでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です