観光バスドライバーと路線バスドライバーの違い

観光バスと路線バスのドライバーの大きな違いは、毎日同じところを走るかどうか、ということでしょう。

当然ながら、あちこちの観光地に向かう仕事のほうが人気が高く、競争も激しくなります。

観光バスのドライバーは、その日だけ臨時に運転を頼まれた素人ドライバーというイメージを持たれることもありますが、それは繁忙期に時に見られるケースであって、バス会社のドライバーとして採用され、路線か観光かに振り分けられる場合は、まず路線のほうから始めるのが一般的です。

路線バスのドライバーとして経験を積み、運転技術を磨いてから、観光バスの運転手になるというケースが多いです。

いずれの場合も、普通の運転免許だけでは運転手にはなれません。

大型二種免許が必要になります。

これを取るのは、結構たいへんです。

ただ、現在は人手不足ですから、会社側が免許取得費用を支払ってくれる場合もあります。

会社が指定した自動車教習所で免許を取って、その会社に3年勤めたら、免許取得費用の返済が免除になる、という制度のある会社もありますから、そうした制度を利用するのもひとつの方法です。

ただ、そうした制度を利用するのは一般的ではなく、運転手になりたいという希望が特に強い人は、自前で免許を取ることが多いです。

まず大型一種免許を取って、トラックの運転で技術を磨き、大型二種免許に挑戦するという経過をたどる人も多いです。

晴れて大型二種免許を取り、会社に運転手として就職したあとは、路線の運転手としてまず修行を積むことになります。

毎日同じルートを通るため、初心者でも対応しやすい面があります。

毎回違った旅行先に向かう場合はたいへんです。

旅行先に着くまでは、険しい山あり谷ありというケースも少なくありません。

狭い道、雪道、舗装されていない道などを通って行かなければならないこともあります。

初めての道を運転することも当然多く、そうした場合でも安全運転ができる高度な技術が必要になります。

また、お客が長時間乗車することになるため、酔わないよう、なるべく揺れない運転をする気遣いも求められます。

生活の足となっている交通手段というわけではないため、お客から人気を得る必要があります。

そのため、熟練した運転手を任務に就けることが多いです。

安さだけを競うこともある高速便とは違い、お客は目的地へ着くまでの途中経過も旅の重要要素としています。

それに応えられる運転手であることが求められます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です