バスドライバーになるための免許と条件おさらい

子どもの頃から車が大好きだったという方の中には、路線バスや観光バスを運転してみたいという方も多いのではないでしょうか。

大きなバスをスイスイと自由に操るドライバーを目の当たりにして、「すごい!」と思った経験があるかもしれません。

ここで、ドライバーになるための条件をおさらいしておきましょう。

まず、バスドライバーになるためには大型第二種自動車運転免許が必要です。

これを取得するための条件は、「普通、中型、大型、大型特殊のいずれかの第一種免許を取得していること」、「満21歳以上であること」、「運転経験が3年以上あること」の3つの条件が必要となります。

また、視力や聴力などの適性が求められます。

具体的には、「両眼視力0.8以上かつ片眼視力0.5以上あること」、「深視力検査の誤差が2cm以内におさまっていること」、「赤色・青色・黄色の3つの色の識別ができること」、「10mの距離で90デシベルの警音器の音を聴き取れること」です。

取得方法については、他の種類の免許とほぼ一緒で、試験場で直接受験する方法と指定自動車教習所で運転技術を学ぶ方法があります。

試験場で直接受験する場合には路面での実技試験が行われますから、大型第一種または仮免が必要です。

また、二種免許を持っていない場合には、学科試験にもパスしなければなりません。

一方、指定自動車教習所で学ぶ場合には、第1段階と第2段階の教習をクリアし卒業試験に合格すること、そして試験場で学科試験と視力や聴力などの適性試験(条件は上述のとおり)に合格することが求められます。

就職活動を行う前に免許を取得しておくと、就職先が見つかりやすくなるメリットがあります。

なぜなら、即戦力のドライバーとして期待されるからです。

ただし、バス会社によっては、入社後の合格でも良いとしているところもあります。

この業界では、学歴が問われることはほとんどありません。

しかしながら、熱意や体力は採用に直結します。

したがって、面接などではなぜドライバーになりたいのかをしっかりアピールすることが大切です。

明確な志望動機があればあるほど、熱意があると判断されるでしょう。

無事採用されれば、いよいよドライバーとしてのデビューが近づきます。

しかし、その前に研修が設けられているのが一般的です。

路線や停留所などの地理について、ドライバーとしてのマナー、運転実技、アナウンスといったさまざまな内容の研修を経て、デビューを迎えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です