快適なドライバー空間!お金をかける価値のあるトラックのオプション

トラックのドライバーは、車から下車している一部の時間帯を除き、1日のほとんどが車中にいて運転をしています。

運転好きのドライバーであれば長い時間車の中にいても問題ないかもしれませんが、それでも狭い空間の中に長時間いるときにノーマルの装備では不快に感じることがあるものです。

特に長距離ドライバーであれば、食事や睡眠もトラックの中で済ませることが多い以上、少しでも社内が快適になるような工夫をしておく必要があります。

そこで、お金をかけるだけの価値があるトラックのオプションについて知っておきましょう。

まず、快適性を高めるためには、エアサスシートを入れておくのがよいかもしれません。

ドライバーは長時間シートに座りっぱなしのため、腰痛になりやすい傾向があります。

一度腰痛になると、長時間の運転がつらくなり、集中力が欠けて事故を起こす可能性も出てくるでしょう。

これを少しでも避けるためにエアサスシートを入れて、運転席の振動を抑えるようにします。

ただ、新しいトラックにはすでに最初からエアサスシートが取り付けられていることがありますので、標準装備されていない車両に取り付けると効果があるでしょう。

次に、蓄冷式クーラーをオプションとして付けてみてもよいかもしれません。

大きな駐車場があるコンビニやパーキングエリアなどでトラックを止めて昼寝をしている人はエンジンをつけっぱなしにしています。

大きな駐車場があるコンビニの場合、昼間なら問題ありませんが、夜は近くに民家があればアイドリングの音で近所迷惑になってしまう可能性があります。

そこで蓄冷式のクーラーを装備すればアイドリングをストップした状態でもクーラーをつけることが可能になります。

これは、走っている間に装置を冷却しておき、エンジンがストップした段階でためておいた冷たい空気を出す仕組みになります。

これにより、ガソリン代を無駄にすることなく快適に過ごすことができるでしょう。

最後に、充電式電気毛布があります。

これは冬場の重要なアイテムの一つです。

寒い地方では、冬の夜になると氷点下になることも考えられます。

アイドリングをストップした段階では、車内が徐々に冷えていき、外の温度に近づいてきますので、その状態で眠ると風邪をひいてしまいます。

そこで電気毛布を利用すれば、アイドリングストップした状態でも暖かい状態で仮眠をとることも可能です。

仕組みは、蓄冷式クーラーと同じように、走行時に充電しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です