白ナンバートラックドライバーの仕事内容とやりがい:建設業

白ナンバーのトラックドライバーには、食品加工業や製造業など自社の製品を運ぶものになりますが、建設業でも白ナンバーのトラックのドライバーになります。

建設業で運転することになるものは、多くはダンプカーになり大型のものが多くなります。

ドライバーとして働きたい場合、どのような点に意識が向きがちになるかというと、トラックをあまり運転したことがない人は、どのくらいの大きさのものを運転するのか気を付けたいものです。

車を運転する際には、ミニバンよりも軽自動車の方が車幅などの感覚をつかみやすいですが、ミニバンなどのように大きなものになると感覚がつかみにくかったりします。

トラックの場合にはさらにそれが言えるものであり、小型などであれば良いですが、中型や大型などになれば感覚もつかみにくいものであり、最初は怖く感じるものです。

建設業で運転するダンプカーは大型のものが多いので、初めてドライバーとして働く場合には難しそうだと感じることもあります。

実際に普通の大型のものであれば運転をすることは高い技術が必要であり、難しいものです。

しかし、ダンプカーの場合は、大型の物であっても全長が非常に短いシャーシを使っています。

そのため、トレーラーのように荷台が連結してコンテナなどがのっているものと比べれば、大型と言っても比較的運転しやすいものになります。

しかし、大型であるため、車幅や全長、高さなども乗用車とは比べ物にならないため、細心の注意を払い運転する必要があります。

そのような建設業のトラックドライバーですが、ほとんどの場合日給制を取っています。

日給制を取っていることが多いため、大規模な工事が入っている場合は忙しくなり、日給も高いので稼ぎ時といえます。

その反面、工事などが入っていないときや天候が悪くて仕事ができない場合などは、収入が少ない時期が続いたりします。

そのような場合、遠方の現場まで数か月仕事をしに行くこともあるので、ハードな職業といえます。

ハードな仕事ですが、自分が関わった道路工事や建設現場で、しっかりとやり遂げた際には十分な達成感を味わうことができます。

建設業では、直接工事をする人だけでなく、道具などを運ぶ人、部品などを製造する人などさまざまな人がいて成り立っています。

それを忘れずに、仕事をすることが大切です。

求人数も多い職業でもあるので、希望する条件に合ったものも比較的見つけやすい職業になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です