白ナンバートラックドライバーの仕事内容とやりがい:製造業

働く場合には、様々な職種がありそれぞれで仕事内容が違えばどのようなことにやりがいを感じるかも違ってきます。

そのような職業の中には、トラックのドライバーがあります。

トラックのドライバーというと、大型トラックを運転して長距離を走行するイメージが強いですが、それだけではありません。

そもそも、トラックドライバーを目指す場合には青ナンバーであるのか、白ナンバーであるのかどちらのドライバーとなって働くかしっかりと決めておくことが必要です。

多くの場合、ドライバーとして働こうと思う場合、青ナンバーの運送業であることがほとんどです。

青ナンバーの5台以上の貨物自動車を有している運送業者のことであり、他社の荷物を運んでいるものになります。

しかし、他社の荷物を運んでいるため、繁忙期であれば高額な賃金を得ることができますが、景気によっては賃金が下がったり仕事が亡くなったりするデメリットがあります。

また、日給制を取っている会社もあるので、収入が安定しなかったりする可能性があることも、青ナンバーのデメリットです。

しかし、白ナンバーの場合は自社で製造した製品を運ぶ貨物自動車のことになります。

製造業であればその会社に生産者として雇用されるものであり、企業自体がトラックを所有しています。

そして生産者として雇用されているため運賃に左右されず、賃金や年間休日などもほかの生産者と同様な待遇であることが多く、安定した収入を得ることができます。

繁忙期であれば運送するのも大変になりますが、だからといって稼げるわけではありません。

製造業では白ナンバーが多く、特に中小企業で活躍しているものです。

製造業の場合には、生産現場と兼任することもありますが、ほとんどの場合には専任のドライバーになります。

製造業では生産する際のロットも多く、自社と元請けとを頻繁に往復することになります。

そのため、兼任していると運ぶのに支障をきたしたりするので、専任で行うことが多いです。

専任ドライバーの場合には、毎日決まった場所を往復することになりますが、製造ラインの雇用者と同じ待遇であることが多いので、運転が好きな人にはうってつけの仕事です。

また、年数を経ていくことで収入も多くなっていき、管理職を目指すことも可能です。

ただ荷物を運ぶのではなく、元請け会社の人とも良いコミュニケーションを取り、将来に活かすようにすることも大切になります。

求人は少ないですが、募集が突発的にあるのでこまめにチェックするようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です