タクシードライバーは運転技術だけではダメ!

タクシードライバーになるには、運転技術は重要ですが、それだけが必要なわけではありません。

タクシードライバーをする以上はお客さんを乗せますので、接客に関する知識も必要になります。

接客とは具体的に言えば、お客さんを安全に目的地まで運ぶことが一つ目です。

かつては運転の荒っぽいタクシードライバーもたくさんいたかもしれませんが、最近ではそのようなドライバーはほぼ皆無になっています。

荒っぽい運転をすると、お客さんから会社に対してクレームが入り、その運転手に注意ができます。

あまり慎重に運転し過ぎてもいけませんが、かといってお客さんが怖がるような運転をしてはいけません。

安全にそしてすばやく目的地に着けるようにする必要があります。

まずこれが大前提です。

次に、お客さんを退屈させないように様々な話題を身につけておくことが必要です。

お客さんの中にも黙っていてほしいと思っているお客さんもいますが、話し好きのお客さんもいます。

特に話す必要がないお客さんに対して無理に話しをかけると機嫌を損ねてしまいますので、お客さんの雰囲気によって話しをするかどうかを判断しなければなりません。

もし、話し好きのお客さんが乗車してきたら、話しをよく聞くことが重要です。

自分の話しも重要ですが、とにかく話しを聞く姿勢を身につけることが大事です。

これを学ぶためには、銀座のスナックのママのように話しの聞き上手になる必要があります。

自分の意見はあまり言わず、相手の話しにうまく合わせて相槌を打つことも重要です。

これとは逆に、こちらから話題を触れるようにしておくことも必要になります。

そのためには事前にニュースなどをよく見ておき、話しができるようにしておく必要があります。

個人のタクシードライバーならば、タクシーの見た目を個性的にしてもよいでしょう。

例えば、見た目を犬や猫のように改造してしまう方法もあります。

実際に猫の自動車に改造して、地域の人々から愛されているドライバーもいます。

テレビなどでも取り上げられて、ますます注目されるのは間違いないでしょう。

これによってほかのタクシーと大きく差をつけることができます。

基本的に乗る人にとっては目的地にさえつけば問題ありませんが、それならばどれを利用しても同じになってしまいます。

ですが、ほかのドライバーが意識していないような事を身につけておき、それをお客さんにわかりやすい形で提供すると、客足を伸ばすことができます。

自分自身の力にもなりますし、会社にも貢献することができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です