独断と偏見で推薦!こんな人は観光バスドライバーに向いている

ドライバーにも様々な種類がありますが、その中でも観光バスのドライバーも人気の職業の一つになります。

観光バスのドライバーが人気の理由は、仕事があるたびに観光地に行くことが出来るからです。

また、遠出をした時には、現地のホテルで宿泊をすることが出来ます。

このように観光バスのドライバーは、どのようの人が向いているでしょうか。

まず、アウトドアや外出をするのが好きな人は向いています。

毎日事務仕事や工場で働く場合のような室内で仕事をするよりも、バスに乗って遠出をして、いろいろな景色を見ることが好きな人にとってはたまらない仕事です。

仕事そのものが趣味に直結し、その結果お客さんを満足させることもできます。

まさしくライフワークということができるでしょう。

嫌々運転をする人よりも、楽しみながら運転ができるドライバーの方がお客さんも楽しくそして気持ちよく旅行をすることができます。

運転自体が好きな人も向いています。

ドライバーの仕事は当然自動車の運転をすることですが、その運転自体が好きであれば、仕事自体を好きになったのと同じです。

毎日わくわくした気持ちを持つことができ、自然とお客さんもわくわくしてくるかもしれません。

細かなところでは、健康管理がしっかりできる人もドライバーに向いています。

通常、運転する前には毎回体調チェックを行います。

体調がすぐれていないと、事故を起こす可能性があるからです。

もし、路線バスのように出発から到着するまで1時間程度であれば、多少体調がすぐれていなくてもそれほどは問題ありませんが、3時間から半日の長距離の運転をしたり、時には泊まり込みになる運転で体調不良の場合は、そもそも運転させてもらえない可能性があります。

そこで、普段から体調管理に気を使い、風邪をひかない人や病気にならない人は適正と言えるでしょう。

例えば、学生時代に皆勤賞をもらった人などは向いていると言えます。

こつこつと頑張れる人も観光バスのドライバーに向いています。

長距離運転する場合には、カーナビゲーションもありますが、基本的にナビゲーションを見ずとも運転できるだけの知識と技術が必要です。

これは一朝一夕になしうるうではなく、長期的に経験をし、日々学ぶことでなし得ることが可能になります。

例えば、目的地まで時間通りにつかない場合があれば、どうしたら時間通りに着くかを考え、1日の行動を振り返ることも大事です。

地味な作業ですが、勤勉さはドライバーとしては重要なことになります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です