大きさでドライバーの働き方が変わる~中型トラックの役割とおすすめポイント~

トラックドライバーにも様々な種類がありますが、最近はバンタイプの中型トラックも増えてきています。

日本の輸送のスタイルが、昔のようにトラックだけで運送するのではなく、モーダルシフトが主流になっており、距離も短くなっており、中型トラックで運ぶことも増えています。

それだけ、時代は中型トラックのドライバーを必要としていますが、ドライバーになるためには中型車がどのような役割をしているかを知っておくことが重要です。

運送の荷物は、企業間の荷物を大量に運ぶこともありますが、景気が良かった頃と比較すると企業間の荷物の量は減少してきています。

これに対して、増えてきたのが個人の荷物です。

インターネットの発達により、個人が荷物を注文しそれを自宅に運ぶ機会が増えています。

そのため、荷物も小型化し、ルートも細くなってきました。

ドライバー種類にもよりますが、個人の家に荷物を運ぶ役割が非常に重要になってきているのが分かるでしょう。

配達指定などもあるだけでなく、荷物を運ぶ先が多いため、積み込みの順番を工夫しなければなりません。

ルートは決まっていますので、1番最後に回るルートを奥のほうに詰め込む必要があります。

平ボディのタイプもあります。

このタイプは、主に、工場に大型の機械を搬入したり、住宅建築やマンション建築に必要な木材の搬入、あるいは鉄筋コンクリートや鉄骨作りの住宅やマンションに鉄筋を運ぶ事が役割になっています。

バンとの共通点は、目的地まで荷物を運ぶ事ですが、荷物の積み込みや降ろす方法が大きく違います。

荷物を積み込む場合や降ろす場合は、人間の手で行う事はまずできず、クレーンなどを使わなければなりません。

ドライバーは荷物を固定するときに縛ったりすることもありますが、基本的には自分たちで荷物を扱う事はあまりありません。

運転を中心に行いたい人にとってはおすすめといえます。

最後にタンクローリーがあります。

タンクローリーはコンクリートを運ぶことを役割としています。

基本的にコンクリートの工場から工事現場まで運ぶことが主な任務になります。

そのため、中距離や長距離は考えにくく、短距離の運行がメインになります。

車に乗っている時間はそれほど長くはありませんが、コンクリートを流し込む作業など運転技術とは別の技術も必要になるでしょう。

ただし、田舎などでは工場から現場までの距離が長いこともあります。

運転以外の仕事をメインにしたい人おすすめです。

スキルアップを目指すトラックドライバー資格「玉掛作業者」の汎用性と難易度

スキルアップを目指すトラックドライバーのための資格の一つとして、玉掛作業者というものがあります。

トラックドライバーというのは現在ではどちらかというと不足している業界であることは間違いありませんが、給料という意味では他の業界に比べて決して優位性があるとは言えません。

そのため、単にドライバーでいるだけではなく、ドライバーに関連した資格を取得することによりスキルアップ、ひいては給料のアップが大いに見込めるのです。

この玉掛作業者というのは建設業や鉄鋼業では絶対に必要とされるものです。

とはいっても、この業界のことをよく知っている人でもなければ、玉掛作業といってもどういう作業のことか全く想像もつかないということが多いのではないでしょうか。

玉掛作業とは、クレーンのフックに荷物を掛けたり、逆にクレーンのフックから荷物を取り下ろしたりする作業のことです。

こういうと、どんな人でも見たことくらいはあるでしょう。

ビルなどの建設現場では日常的にクレーンによる荷物の吊り上げや移動が行われています。

この作業はどんな人であってもできるものではなく、玉掛作業者という資格を持っている人しかできないのです。

ちょっと考えてみればこれは明らかでしょう。

建設現場などで使われるクレーンは非常に大型のもので、吊り上げられる荷物についても鉄骨など重さがトン単位になるものも珍しくありません。

もし、いい加減な方法でこれらの極めて重い荷物が吊り上げられていて、例えば途中でワイヤーロープが切れたり、荷物がバランスを崩して落下したりするとどういうことになるか、考えただけでもぞっとします。

そのような事故を未然に防ぐために、クレーンのフックに荷物を掛けたり下ろしたりする作業には資格が必要とされているのです。

なお、これはクレーンそのものの操縦免許とは別物です。

汎用性についてですが、トラックで運んだ荷物を、次は作業場内でクレーンで運ぶというシーンは非常に多いことでしょう。

そういう意味では汎用性というか、トラックの仕事とは非常に親和性がある仕事と言えます。

せっかく取っても、日常の業務の中で発揮する機会が少ないのではあまり意味がありませんが、おそらくそういうことは少ないでしょう。

難易度に関してはもちろんその人の理解度にもよりますので一概に物を言うことはできませんが、標準的な講習時間としては10数時間程度であり、さほど長いトレーニング期間を必要とするものではありません。

スキルアップを目指すトラックドライバー資格「危険物取扱者」の汎用性と難易度

スキルアップを目指すトラックドライバーのための資格の一つとして、危険物取扱者というものがあります。

ここで言う危険物とは消防法で定められている火災の危険の高い物質という意味であって、それ以外の一般的な意味で危険なものという意味ではありません。

例えば放射性物質は誰が考えても危険なものでしょうが、ここには含まれません。

あるいは例えば刃物やナイフといったものも一般的な意味では危険であることに違いはないでしょうが、ここには含まれないのです。

危険物取扱者の資格としては、甲種、乙種、丙種の3種類に分かれており、また乙種はその中でさらに6つに細分化されています。

甲種は最も取り扱える危険物の範囲が広い、強力なものですが、その分、受験できる人には制限があります。

また丙種は一部の危険物の取り扱いができますが、あくまで自分自身が行うときに限り、他人が行う取り扱い作業を管理監督することはできません。

ということで、受験際してにとくに制限がなく誰でも受験することができ、しかも他人が行う取り扱い作業の管理監督もできる乙種を受験する人が多くなっています。

乙種には先ほど書いたとおり6つに細分化されているのですが、その中でもトラックドライバーにとって最も関係が深いだろうと思われるのが乙種4類です。

これは、ガソリン、灯油、軽油といった引火性のある液体を取り扱うのに必要となるものだからで、ドライバーとの関係性が高いということの意味が分かっていただけるでしょう。

街中でもこのような液体を積み込んだタンクローリーが走っているのを見かけることがあります。

まさに、ガソリンなどの燃料輸送に携わろうとしているドライバーにとっては切っても切り離せない関係にある資格だということができるでしょう。

汎用性という面で言えば、当然ながらガソリンなどの液体を取り扱うことができるのですから、燃料輸送に関わる者だけではなくガソリンスタンドにおいても必須といえるものです。

ちなみに、最近ではセルフスタンドも増えてきていますが、これはまさに乙類4種の資格を有するものが、一般のユーザーが自分でガソリンを入れる作業をその場でなり、あるいはカメラなどを通じて遠隔でなりの方法により管理監督しているという建て付けになっています。

試験の難易度ですが、実はこの乙類4種だけが合格率が他の乙種より低いのですが、これは別に試験問題の難易度が特に高いというわけではなく、資格を欲する人が極めて多いために見かけ上合格率が低くなっているということに過ぎません。

軽貨物トラックドライバーの種類

軽貨物トラックドライバーの仕事には様々な種類があります。

定期便と不定期便があり定期便は月曜日から金曜日まで、毎週水曜日と木曜日といった決まった曜日や日付けに配達する仕事です。

佐川急便やヤマト運輸等の大手の運送会社の下請け等や通販会社等の仕事やネットスーパー等の個人宅メインにするものや企業の本店や支店間を専属で廻る企業の仕事があります。

企業の専属で廻る仕事をルート便といい決められた配達コースを決められた順番でまわります。

ルート便の良さはコンスタントに仕事があるので比較的収入が安定します。

企業をまわるので比較的不在も少ないのが特徴です。

短距離や中距離が多いですが長距離もあります。

定期便のルート便に対して不定期な仕事をスポット便やチャーター便といいます。

スポット便は緊急な依頼が多く15時までに東京から静岡までといったものがあります。

行き先が数ヶ所ある場合もあります。

距離によって金額が変わり東京から福岡といった長距離もあります。

チャーター便はドライバーと車を貸し切る専属輸送便なので荷物を取りに行ったり配達を行うときに委託された企業にかわって荷物を運ぶ仕事です。

スポット便やチャーター便の良さは緊急の場合が多いので通常の単価より高いものもあります。

ただ不定期に仕事があるのでトラックドライバーの都合で仕事を入れる事はなかなかできません。

軽貨物トラックには種類があり車によっても受けられる仕事が変わります。

荷台を幌で囲むタイプのものは観葉植物等の背の高い鉢を運んだり単身の引っ越し便などに向いています。

防犯上の観点から荷台に鍵がかからないため他の荷物を荷台におき配達する運送会社の仕事や通販の配達には不向きです。

運転席と荷台が一体型になっているワンボックスタイプのものや荷台が箱形になっているものはほとんどの仕事がすることができます。

軽貨物は冷蔵車や冷凍車もあり一定の温度が保てる定温車もあり医薬品や検体などの輸送の仕事もあります。

軽貨物トラックドライバーは自分で車を購入し独立開業している人も多く取引先の企業によっては個人と直接契約はしないので軽貨物運送業を営んでいる企業と契約し仕事をしている人も多くいます。

ドライバーは個人で飛び込みで仕事を探す必要もなく営業経費もかからず様々な仕事を選べることもあるようです。

通販やインターネットで物を購入するのが当たり前の世の中になっているのでこれからもドライバーの仕事は増えていくといわれています。

宅配で活躍する軽貨物トラックドライバーになるには

インターネット通販の利用者が増えているので、全国各地に荷物を届ける軽貨物トラックドライバーが不足気味になっています。

求人情報サイトで探すと、高待遇の募集を行っているところが多数あるので、気になるところがあれば、応募することをおすすめします。

宅配で活躍する軽貨物トラックドライバーになるためには、何らかの資格が必要なのかと気になる方もあるでしょうが、普通免許と、軽貨物を運ぶための車があればOKなので、誰でも気軽に始めることが出来ます。

普通免許はあるけれど、車はないという方は、リース車を手配してくれる会社の求人に応募すると良いでしょう。

会社の車を利用できるので、マイカーがなくても仕事をすることが出来ます。

軽貨物というのは、一人ではとても運べないような大型商品はほとんどなく、食料品や日用品などの比較的軽めの物ばかりなので、高齢者はもちろん、女性ドライバーも多く働いています。

健康で真面目な人であれば、年齢制限や性別は特に関係ないので、求人情報サイトで良い条件の募集を見つけたら、誰かに先を越される前に応募するようにしましょう。

仕事内容は就職した会社によって違うので、募集要項をよく読んでから応募するようにしてください。

近年はインターネット通販やテレビショッピング、ネットオークションの商品を、個人や法人のお客様のもとに届ける宅配の仕事が増えています。

狭い範囲の配送エリアに限られ、走行距離も短めのところで働けば、長距離移動で疲れることはないですし、ガソリン代も最低限で済むでしょう。

引越しのお手伝いをする仕事の場合は、大家族ではなく、主に一人暮らしをしている方の荷物を運ぶので、それほどたくさんの量があるわけではありません。

しかし家電や家具などは非常に重いので、それなりの体力が必要になります。

その代わりに軽い荷物しか運ばない宅配に比べると、高い給与をもらうことが出来ます。

荷物に高さがある場合は、それを運搬できるような、少し大きめのタイプの車両で仕事をしなければなりません。

他にも、ルート便やスポット便、チャーター便などの仕事もあります。

定期的に毎日決まったルートで取引先に配送を行うのがルート便で、単発で荷物を配送するのがスポット便になります。

チャーター便は、貸切契約を結んで目的地まで荷物を届ける仕事になので、軽貨物トラックドライバーといっても、それぞれ違ったタイプの仕事を行います。

どれも慣れればそれほど難しくはないので、まずは求人情報サイトで探してみるようにしましょう。

カッコイイ!大型トラックドライバーはこんなに魅力的

トラックドライバーにも様々な種類がありますが、その中でも大型トラックドライバーはひときわ目を引きます。

道路を走っているトラックを見て「かっこいい」とか「すごい」などと思ったことがある人も少なくはないでしょう。

そんな大型トラックドライバーの魅力はたくさんありますが、そのうちの一つは、給料です。

同じトラックでも、中型や小型を運転する人に比べて給料がいいのが特徴です。

大型のドライバーは、走る距離も長距離なります。

例えば東京から大阪や札幌から東京などといった距離を1晩から2晩ぐらいかけて走ることが多くなります。

もちろん大変な仕事ではありますが、その分給料が良くなります。

また運転技術が必要で、しかも免許取得も普通自動車に比べると簡単ではありません。

そのように考えると、だれでもその仕事に就けるわけではなく、特定の人しか就くことができない仕事ですので、給料が高いのもうなずけるでしょう。

ただし、会社によって勤務体系や給料は異なりますので、しっかりとその条件を確認しておくことが大事になります。

二つ目の魅力は、長距離運転です。

長距離運転の魅力は、日本全国の様々な景色を見ることができる点です。

また食べ物も日本各地名物がありますが、それらを食べることができることも魅力と言えるでしょう。

日本には四季があります。

同じ春でも、桜が満開のところとまだ桜が咲いていないところがありますが、長距離を走っていると地域によっての季節の移り変わりを感じることができるはずです。

夜車内で寝ているときも、南の方のパーキングエリアと北の方のパーキングエリアではずいぶんと気候が異なります。

そういったちょっとした季節の違いを感じることができることも

大型のトラックドライバーならではの魅力です。

最近は女性のドライバーが増えてきていますが、男性のみならず女性でも活躍することができる点です。

荷物の積み込みや積み下ろしなどの点で男性の職業といわれてきましたが、時代の流れとともに積み荷を一つ一つ積むのではなく、フォークリフトを使って積み込みや積み下ろしをするため、それほど荷物の面で体力を使うことがなくなってきました。

また、インターネットが発達し、個人の荷物が増えてきており、どちらかといえば小さな荷物が増えてきた傾向があります。

そのため、体力的な負担は小さくなりつつあり、男女の垣根はなくなってきているのが現状です。

国土交通省でトラガール促進プロジェクトを実施している点も見逃すことができません。

中型・大型免許を取ってトラックドライバーになろう

仕事の中には自動車を運転する内容があり、その種類は多岐にわたっています。

トラックドライバーに憧れを持っている方も多く、この仕事に就くことを希望している方も全国的に多いものです。

以前は免許区分として普通自動車免許があり、現在でも多くの方々が取得している免許です。

この免許でもトラックドライバーとして活躍することは可能とされており、多い傾向にある車種に関しては2トン車や4トン車がメインとされています。

このサイズのトラックの場合では、比較的取り回ししやすい車体になるので、実際に多くの方々が普通自動車免許で仕事をしています。

しかし、ドライバー色の醍醐味として挙げることができる内容では、8トン以上の大きなサイズのトラックに乗ることを希望する方も大勢います。

大きな車体の場合では、主に中距離から遠距離に向いている輸送車になり、比較的得ることができる収入も大きくなる傾向にあります。

そのため、できるだけ大きな車両に乗って満足感を得たい方や、収入をアップさせたい方のケースでは、中型免許や大型免許を取得することが良い方法です。

この区分の免許の場合では、大きな車両を運転することを可能にしているので、特に長距離用として活用されているトレーラーなどでも運転できるメリットがあります。

ドライバーとしての技術力が非常に求められている車体になりますが、運転技術に関しては、次第に慣れというものが出てくることが多いので、不安に感じている方であっても短期間にてマスターすることができます。

免許を取得する費用も必要になりますが、この点に関しては、普通自動車免許で仕事をしていた方のケースで、後に大型車両に乗ることを希望した場合、所属している会社負担で費用を出してくれる会社も存在しています。

たとえ、会社負担が無いという場合であっても、将来的な長いスパンで考えた場合では、初期費用がかかってしまっても、給料にてカバーすることができるので、結果的にお得な仕事として進めることができます。

中型免許は現在では標準的な自動車免許として取得されていますが、長期間にわたってトラックドライバーの世界で仕事をすることを検討している方のケースでは、そのゴン大型免許を取得する方法で、どのようなトラックでも運転することが可能になるので、現在では重宝される免許として活用できます。

大きな車体を持つドライバー職の場合では、荷物の搬入や搬出に関しては、意外と体力を要さないことも多いので、普通の方でも仕事を継続しやすい場合が多いものです。

納品時間を守って運送することが第一条件になるので、自己管理を出来る方であれば問題なく仕事を遂行できます。

トラックドライバーってどんな仕事?トラックドライバーのここがスゴイ!

トラックドライバーはクライアントの要望に従い、良いされた積み荷を指定された目的地に指定時刻までに届ける業務に携わります。

ネットサービスの普及や個人間取引の増加に伴って、日本の物流業界を担う重要な戦力と言えます。

その業務内容は多岐にわたり、トラックによる積み荷の配送以外にも、倉庫での作業や客先での受け渡しなど色々とあります。

基本は肉体労働なので、高齢となれば作業効率は下がることになります。

その分長年の経験を生かした効率の良い業務の進め方ができるようになります。

さらにそのような経験を生かして管理職へと転向することで、ドライバーを効率良く動かせるようになります。

適切な指示によってトラックドライバーは無駄なく荷物を配送できるようになりますし、会社の利益率も向上するようになります。

このようにドライバーとしてのスキルを高めることで、業務効率を高める管理ができるわけです。

このようにトラックドライバーの仕事は日本での物流の中核を担う役割となるのが特徴です。

これまでは時に激務となる仕事内容であった反面、高い収入が得られることでも知られていました。

ドライバーは完全に個人の能力を重視され、その能力に応じて収入も増えていったわけです。

けれども配送業務の増加に加えて人員不足が顕著となることで、業務効率の向上が業界全体の課題となっています。

そのためにトラックドライバーも日常の業務の中で、いかに効率良く配送できるか、ルート選択をすれば良いのかを考えることが求められています。

しかも安全運転を基本として定刻での到着が求められることで、業務を俯瞰した戦略を立てることが必要となっています。

そのために女性の起用が増えたり、新卒者を採用するケースも増えてきています。

このように肉体労働というよりも効率化と戦略化が求められるのが近年のドライバー事情と言えます。

そのような新たな取り組みが魅力となって、これまでとは異なる種類の人材が流入するようになっています。

時にデジタル技術を駆使したルート選択を行うなど、これからさらに物流業界はハイテク化が進むと見られています。

このような取り組みが魅力となって、新卒者などの人材を呼び込むようになっているわけです。

トラックドライバーの目標に独立が挙げられますが、今では管理職として会社の運営に関わるような仕事も注目されています。

大きく利益率を向上させることによって、大幅な収入アップも期待できるというわけです。

トラックドライバー転職の注意点

トラックドライバーに転職する際には、事前に心がけておくべき注意点があります。

まず仕事をするためには免許が必須となるために、安全運転を心がけることは基本です。

積み荷を指定時刻にまで届けなければならない事情はあっても、決して無理してはいけません。

急いで運転することよりも、事前準備をいかに行うかに注力することが必要と言えます。

運送業界ではあらゆる業務において効率化を求められています。

安全運転を絶対条件とした上で、いかに時間を短縮するかに工夫することが大事というわけです。

万が一荒い運転をすることでクレームが会社に入るようなことがあれば、ドライバーの人事考課に大きく影響します。

またトラックドライバーは荷物を運ぶと共にお客にサービスを提供するものでもあります。

客先での対応次第ではクレームにもつながりかねません。

会社という看板を背負っていることを常に意識することが必要です。

また安全運転は絶対条件であると同時に、積み荷によっては配達時間が厳守というものがあります。

例えば青果や魚などは市場に定刻通りに運ぶことを求められます。

もし遅れることがあれば、ドライバー自身が違約金を払うケースもあります。

それだけの責任感を背負っていることを意識することが大切です。

常にルートと車の込み具合をチェックし、あらゆる事態に対応できるように準備しておくことが求められます。

このようにトラックドライバーは決して荷物を運ぶことだけが仕事ではなく、普段から業務の効率化を考えることを求められます。

ドライバーのキャリアチェンジとして独立することがひとつの目標でもありましたが、今では管理職として業務効率の向上に取り組むことも将来の選択肢として用意されています。

現役でドライバーとして続けるよりも、会社の利益率を向上させる業務に取り組む方が高い報酬も得られるようになります。

業界全体もこれまでのような過酷な仕事というイメージを払拭する方向に動いています。

女性も多く進出している中で、働き方も大きく変わってきています。

一方でネットショップによる配送や個人間取引の増加が、近距離便の業務を増やしています。

その結果ドライバー不足が顕著となり、仕事がきついと感じる人が増えているのも事実です。

そのような中で、自分がどのように業界全体を向上させるのかといった目的意識を持つことも必要となっています。

そのような点を考慮して転職を検討することが大切です。

トラックドライバーの気になる給料とキャリアアップ

トラックドライバーの仕事は普通自動車免許でも運転が可能な小さなドライバーから、大型の長距離輸送をになうドライバーまでその仕事内容も多様です。

車の運転が好きな人にとっては、好きなことをしながらお給料がもらえるという点では非常に魅力的な職業かもしれませんが、長距離郵送のドライバーなどは長時間運転など体力的には少しきついこともあるでしょう。

では、これらのトラックドライバーのお給料はどれくらいなのでしょうか。

少し、見てみましょう。

まず、平均的なお給料からですが、全国的に見てみるとおおよその平均演習は350万円から450万円程度で、一般のサラリーマンと同等かやや低いぐらいとみていいでしょう。

しかし、仕事内容によって年収も大きく変わるようです。

一般的にお給料が高い傾向があるのはやはり長距離輸送に携わるドライバーです。

年収が高い場合では700万円を超える人もいます。

特に大手の宅配や引っ越し兼業配送センター間の大型のドライバーではそれ以上の年収を得て、1000万円に届くか、というような人もいます。

逆に小さな宅配会社や運送会社などで働く場合には、年収が300万円台ということも少なくないため、最大で倍近い年収の差が出てしまうこともあります。

また、フリーランスとして働くか、どこかの会社に所属して働くかによっても異なります。

一般的にはやはり安定しているのは、どこかの企業に所属して働く方が安定しており、収入も良いようです。

フリーで安定して高収入を得ることはトラックドラバーでは非常に難しいと言わざるを得ません。

さらに、年齢的には年収は徐々に増加傾向となり40代後半から50台が収入のピークとなるようです。

これは、ドライバーでも様々な免許があり、これらの免許を取得してできる仕事の種類や量を増やすことで収入を増やすことができるという側面もあるようです。

いわゆるトラックドライバーもキャリアアップしていくことができるということです。

では具体的にはどのようにキャリアアップしていくことができるのでしょうか。

まずは運転免許では中型免許、次に大型免許と取得していくことが必要です。

大型免許は中型免許を取得してから2年以上経過しないと取得ができません。

さらには大型トレーラーを扱えることができると仕事の幅が広がりますし、単価も高くなります。

当然仕事量も増えるし単価も高くなり、お給料も上がるでしょう。

したがって、大型免許から大型特殊免許やけん引の免許を取得していくというのが、キャリアアップには王道といえるのではないでしょうか。