白ナンバートラックドライバーの仕事内容とやりがい:建設業

白ナンバーのトラックドライバーには、食品加工業や製造業など自社の製品を運ぶものになりますが、建設業でも白ナンバーのトラックのドライバーになります。

建設業で運転することになるものは、多くはダンプカーになり大型のものが多くなります。

ドライバーとして働きたい場合、どのような点に意識が向きがちになるかというと、トラックをあまり運転したことがない人は、どのくらいの大きさのものを運転するのか気を付けたいものです。

車を運転する際には、ミニバンよりも軽自動車の方が車幅などの感覚をつかみやすいですが、ミニバンなどのように大きなものになると感覚がつかみにくかったりします。

トラックの場合にはさらにそれが言えるものであり、小型などであれば良いですが、中型や大型などになれば感覚もつかみにくいものであり、最初は怖く感じるものです。

建設業で運転するダンプカーは大型のものが多いので、初めてドライバーとして働く場合には難しそうだと感じることもあります。

実際に普通の大型のものであれば運転をすることは高い技術が必要であり、難しいものです。

しかし、ダンプカーの場合は、大型の物であっても全長が非常に短いシャーシを使っています。

そのため、トレーラーのように荷台が連結してコンテナなどがのっているものと比べれば、大型と言っても比較的運転しやすいものになります。

しかし、大型であるため、車幅や全長、高さなども乗用車とは比べ物にならないため、細心の注意を払い運転する必要があります。

そのような建設業のトラックドライバーですが、ほとんどの場合日給制を取っています。

日給制を取っていることが多いため、大規模な工事が入っている場合は忙しくなり、日給も高いので稼ぎ時といえます。

その反面、工事などが入っていないときや天候が悪くて仕事ができない場合などは、収入が少ない時期が続いたりします。

そのような場合、遠方の現場まで数か月仕事をしに行くこともあるので、ハードな職業といえます。

ハードな仕事ですが、自分が関わった道路工事や建設現場で、しっかりとやり遂げた際には十分な達成感を味わうことができます。

建設業では、直接工事をする人だけでなく、道具などを運ぶ人、部品などを製造する人などさまざまな人がいて成り立っています。

それを忘れずに、仕事をすることが大切です。

求人数も多い職業でもあるので、希望する条件に合ったものも比較的見つけやすい職業になります。

白ナンバートラックドライバーの仕事内容とやりがい:製造業

働く場合には、様々な職種がありそれぞれで仕事内容が違えばどのようなことにやりがいを感じるかも違ってきます。

そのような職業の中には、トラックのドライバーがあります。

トラックのドライバーというと、大型トラックを運転して長距離を走行するイメージが強いですが、それだけではありません。

そもそも、トラックドライバーを目指す場合には青ナンバーであるのか、白ナンバーであるのかどちらのドライバーとなって働くかしっかりと決めておくことが必要です。

多くの場合、ドライバーとして働こうと思う場合、青ナンバーの運送業であることがほとんどです。

青ナンバーの5台以上の貨物自動車を有している運送業者のことであり、他社の荷物を運んでいるものになります。

しかし、他社の荷物を運んでいるため、繁忙期であれば高額な賃金を得ることができますが、景気によっては賃金が下がったり仕事が亡くなったりするデメリットがあります。

また、日給制を取っている会社もあるので、収入が安定しなかったりする可能性があることも、青ナンバーのデメリットです。

しかし、白ナンバーの場合は自社で製造した製品を運ぶ貨物自動車のことになります。

製造業であればその会社に生産者として雇用されるものであり、企業自体がトラックを所有しています。

そして生産者として雇用されているため運賃に左右されず、賃金や年間休日などもほかの生産者と同様な待遇であることが多く、安定した収入を得ることができます。

繁忙期であれば運送するのも大変になりますが、だからといって稼げるわけではありません。

製造業では白ナンバーが多く、特に中小企業で活躍しているものです。

製造業の場合には、生産現場と兼任することもありますが、ほとんどの場合には専任のドライバーになります。

製造業では生産する際のロットも多く、自社と元請けとを頻繁に往復することになります。

そのため、兼任していると運ぶのに支障をきたしたりするので、専任で行うことが多いです。

専任ドライバーの場合には、毎日決まった場所を往復することになりますが、製造ラインの雇用者と同じ待遇であることが多いので、運転が好きな人にはうってつけの仕事です。

また、年数を経ていくことで収入も多くなっていき、管理職を目指すことも可能です。

ただ荷物を運ぶのではなく、元請け会社の人とも良いコミュニケーションを取り、将来に活かすようにすることも大切になります。

求人は少ないですが、募集が突発的にあるのでこまめにチェックするようにしましょう。

快適なドライバー空間!お金をかける価値のあるトラックのオプション

トラックのドライバーは、車から下車している一部の時間帯を除き、1日のほとんどが車中にいて運転をしています。

運転好きのドライバーであれば長い時間車の中にいても問題ないかもしれませんが、それでも狭い空間の中に長時間いるときにノーマルの装備では不快に感じることがあるものです。

特に長距離ドライバーであれば、食事や睡眠もトラックの中で済ませることが多い以上、少しでも社内が快適になるような工夫をしておく必要があります。

そこで、お金をかけるだけの価値があるトラックのオプションについて知っておきましょう。

まず、快適性を高めるためには、エアサスシートを入れておくのがよいかもしれません。

ドライバーは長時間シートに座りっぱなしのため、腰痛になりやすい傾向があります。

一度腰痛になると、長時間の運転がつらくなり、集中力が欠けて事故を起こす可能性も出てくるでしょう。

これを少しでも避けるためにエアサスシートを入れて、運転席の振動を抑えるようにします。

ただ、新しいトラックにはすでに最初からエアサスシートが取り付けられていることがありますので、標準装備されていない車両に取り付けると効果があるでしょう。

次に、蓄冷式クーラーをオプションとして付けてみてもよいかもしれません。

大きな駐車場があるコンビニやパーキングエリアなどでトラックを止めて昼寝をしている人はエンジンをつけっぱなしにしています。

大きな駐車場があるコンビニの場合、昼間なら問題ありませんが、夜は近くに民家があればアイドリングの音で近所迷惑になってしまう可能性があります。

そこで蓄冷式のクーラーを装備すればアイドリングをストップした状態でもクーラーをつけることが可能になります。

これは、走っている間に装置を冷却しておき、エンジンがストップした段階でためておいた冷たい空気を出す仕組みになります。

これにより、ガソリン代を無駄にすることなく快適に過ごすことができるでしょう。

最後に、充電式電気毛布があります。

これは冬場の重要なアイテムの一つです。

寒い地方では、冬の夜になると氷点下になることも考えられます。

アイドリングをストップした段階では、車内が徐々に冷えていき、外の温度に近づいてきますので、その状態で眠ると風邪をひいてしまいます。

そこで電気毛布を利用すれば、アイドリングストップした状態でも暖かい状態で仮眠をとることも可能です。

仕組みは、蓄冷式クーラーと同じように、走行時に充電しています。

まだブラック業界だと思ってる?実は働きやすいトラックドライバー

トラックドライバーと言えば長距離運転による過酷な労働環境と引き換えに、高い収入を得られるイメージがあったものです。

けれども近年では近距離における運搬が増加し、さらにネット業者の配送や個人間取引の増加がその傾向を強めています。

その結果、運送会社などはドライバーの仕事の効率化が求められるようになり、働く環境も改善される傾向があります。

その結果、情勢ドライバーが増えていることも大きな特徴として表れています。

これからもさらに働きやすい環境が普及し、ブラック企業のイメージは払しょくされると見込まれています。

その一環として、新卒者を採用する会社も増えていますし、業務効率の向上に人材投入するようになっています。

トラックドライバーのキャリアとしても、独立すること以外に管理職としての転向が増えています。

このようなキャリアプランも用意されていることから、日々の業務への取り組みもやり甲斐のあるものとなっています。

どのようにすれば効率良く、無駄を省くことができるのかをドライバーそれぞれが考える必要があります。

管理職となれば、そのような経験が大いに役立ちます。

まずは配送管理に携わることになりますが、各ドライバーをどのように配するのか、どんなルートを指示するのかによって会社の利益率に直結することを実感するようになります。

そのようなパズルを解くような楽しみも見出すことになりますし、その延長としてドライバーの管理を行えるようになります。

目標の設定とその達成率による人事考課を行い、さらにそれぞれにどのようにアドバイスを行えば達成率を向上させることができるのかに取り組むようになります。

これはドライバーとして第一線で活躍していた頃とは異なる取り組み甲斐として感じることになるわけです。

このようにトラック業界はこれまでのような個人の能力を重視することから、組織的に利益率を向上させることが主流となってきます。

そのために人材を必要とすることから、誰もがキャリアチェンジに取り組めるようになるわけです。

またドライバー業務も個人の負担を軽減させることで、女性が参入しやすくなっています。

自分の時間に合わせた働き方ものできることから、新たな働き方を提案できるようになってきているわけです。

配送業界はこれまでのブラック企業とのイメージから、組織的に業務効率を高める傾向が強まっています。

その結果、魅力的な労働条件を提示できるようになると見られています。

大きさでドライバーの働き方が変わる~大型トラックの役割とおすすめポイント~

日本の物流は世界の中でもトップレベルです。

小さな日本列島の中でも多くのトラックが走っており、しかも時間を厳守していることが多いため、ほかの国ではなかなか真似できないほど優秀なドライバーが多いのが物流の世界の特徴です。

物流も、狭い地域を走っている小型や中型のトラックから、長距離を走る大型トラックまで様々ありますが、この中で大型トラックドライバーにはどのような役割があるでしょうか。

まず、バンの大型のドライバーは、長距離を走ることが多くなります。

高速道路を使って時にはフェリーを利用し物流の一役を担っています。

北海道から大阪の方まで走ることも少なくありません。

ただ、最近はモーダルシフトといって、鉄道の貨物列車を利用して荷物を運び、貨物駅から荷物の中継地点まで大型車を動かすこともあります。

この場合、ドライバーとしては、長距離運転ではないため、比較的楽な部類になるでしょう。

同じ大型車でも、タンクローリーやキャリアカーなどもあります。

タンクローリーは長距離を走ることはありませんが、住宅の基礎となるコンクリートなどを運ぶことで、非常に重要な役割を果たしています。

キャリアカーは、自動車を運ぶことが主な任務ですが、長距離なることは少なく、地方都市と地方都市を結んだり、地方都市と首都圏を結ぶなどどちらかといえば中距離で活躍する車です。

トラックの中でも、ついに移り変わる景色を見たい人や、一人でいることが好きな人は、長距離のドライバーに向いています。

長距離のドライバーは、車で寝泊まりすることもありますので、どうしても孤独になりがちです。

ですが、皆でワイワイと行動するよりも、単独行動の方が自由を感じ、魅力的だと感じる人にとってはおすすめです。

また給料が高く、少しでも多く稼ぎたい人にとっては長距離のドライバーはよい選択肢といえるかもしれません。

一方で、短距離から中距離のドライバーは、朝方出発して夕方に帰宅するか、夜出社して朝方まで働くかが多くなります。

そのため外で何日も走らせるようなことはまずありません。

その日のうちに自宅に戻ることができる点がお勧めです。

例えば、まだ子供が小さく、泊まりの仕事だと配偶者に迷惑をかけてしまう場合などはおすすめになります。

また、腰痛などがあり、あまり長時間乗ることができない場合にも、短距離や中距離のルートであればそれほど負担は大きくありません。

このように、トラックにもさまざまな種類がありますので、就職をする場合は、それぞれの特徴を見極めてどの種類がいいかを考えておく必要があるでしょう。

大きさでドライバーの働き方が変わる~中型トラックの役割とおすすめポイント~

トラックドライバーにも様々な種類がありますが、最近はバンタイプの中型トラックも増えてきています。

日本の輸送のスタイルが、昔のようにトラックだけで運送するのではなく、モーダルシフトが主流になっており、距離も短くなっており、中型トラックで運ぶことも増えています。

それだけ、時代は中型トラックのドライバーを必要としていますが、ドライバーになるためには中型車がどのような役割をしているかを知っておくことが重要です。

運送の荷物は、企業間の荷物を大量に運ぶこともありますが、景気が良かった頃と比較すると企業間の荷物の量は減少してきています。

これに対して、増えてきたのが個人の荷物です。

インターネットの発達により、個人が荷物を注文しそれを自宅に運ぶ機会が増えています。

そのため、荷物も小型化し、ルートも細くなってきました。

ドライバー種類にもよりますが、個人の家に荷物を運ぶ役割が非常に重要になってきているのが分かるでしょう。

配達指定などもあるだけでなく、荷物を運ぶ先が多いため、積み込みの順番を工夫しなければなりません。

ルートは決まっていますので、1番最後に回るルートを奥のほうに詰め込む必要があります。

平ボディのタイプもあります。

このタイプは、主に、工場に大型の機械を搬入したり、住宅建築やマンション建築に必要な木材の搬入、あるいは鉄筋コンクリートや鉄骨作りの住宅やマンションに鉄筋を運ぶ事が役割になっています。

バンとの共通点は、目的地まで荷物を運ぶ事ですが、荷物の積み込みや降ろす方法が大きく違います。

荷物を積み込む場合や降ろす場合は、人間の手で行う事はまずできず、クレーンなどを使わなければなりません。

ドライバーは荷物を固定するときに縛ったりすることもありますが、基本的には自分たちで荷物を扱う事はあまりありません。

運転を中心に行いたい人にとってはおすすめといえます。

最後にタンクローリーがあります。

タンクローリーはコンクリートを運ぶことを役割としています。

基本的にコンクリートの工場から工事現場まで運ぶことが主な任務になります。

そのため、中距離や長距離は考えにくく、短距離の運行がメインになります。

車に乗っている時間はそれほど長くはありませんが、コンクリートを流し込む作業など運転技術とは別の技術も必要になるでしょう。

ただし、田舎などでは工場から現場までの距離が長いこともあります。

運転以外の仕事をメインにしたい人おすすめです。

スキルアップを目指すトラックドライバー資格「玉掛作業者」の汎用性と難易度

スキルアップを目指すトラックドライバーのための資格の一つとして、玉掛作業者というものがあります。

トラックドライバーというのは現在ではどちらかというと不足している業界であることは間違いありませんが、給料という意味では他の業界に比べて決して優位性があるとは言えません。

そのため、単にドライバーでいるだけではなく、ドライバーに関連した資格を取得することによりスキルアップ、ひいては給料のアップが大いに見込めるのです。

この玉掛作業者というのは建設業や鉄鋼業では絶対に必要とされるものです。

とはいっても、この業界のことをよく知っている人でもなければ、玉掛作業といってもどういう作業のことか全く想像もつかないということが多いのではないでしょうか。

玉掛作業とは、クレーンのフックに荷物を掛けたり、逆にクレーンのフックから荷物を取り下ろしたりする作業のことです。

こういうと、どんな人でも見たことくらいはあるでしょう。

ビルなどの建設現場では日常的にクレーンによる荷物の吊り上げや移動が行われています。

この作業はどんな人であってもできるものではなく、玉掛作業者という資格を持っている人しかできないのです。

ちょっと考えてみればこれは明らかでしょう。

建設現場などで使われるクレーンは非常に大型のもので、吊り上げられる荷物についても鉄骨など重さがトン単位になるものも珍しくありません。

もし、いい加減な方法でこれらの極めて重い荷物が吊り上げられていて、例えば途中でワイヤーロープが切れたり、荷物がバランスを崩して落下したりするとどういうことになるか、考えただけでもぞっとします。

そのような事故を未然に防ぐために、クレーンのフックに荷物を掛けたり下ろしたりする作業には資格が必要とされているのです。

なお、これはクレーンそのものの操縦免許とは別物です。

汎用性についてですが、トラックで運んだ荷物を、次は作業場内でクレーンで運ぶというシーンは非常に多いことでしょう。

そういう意味では汎用性というか、トラックの仕事とは非常に親和性がある仕事と言えます。

せっかく取っても、日常の業務の中で発揮する機会が少ないのではあまり意味がありませんが、おそらくそういうことは少ないでしょう。

難易度に関してはもちろんその人の理解度にもよりますので一概に物を言うことはできませんが、標準的な講習時間としては10数時間程度であり、さほど長いトレーニング期間を必要とするものではありません。

スキルアップを目指すトラックドライバー資格「危険物取扱者」の汎用性と難易度

スキルアップを目指すトラックドライバーのための資格の一つとして、危険物取扱者というものがあります。

ここで言う危険物とは消防法で定められている火災の危険の高い物質という意味であって、それ以外の一般的な意味で危険なものという意味ではありません。

例えば放射性物質は誰が考えても危険なものでしょうが、ここには含まれません。

あるいは例えば刃物やナイフといったものも一般的な意味では危険であることに違いはないでしょうが、ここには含まれないのです。

危険物取扱者の資格としては、甲種、乙種、丙種の3種類に分かれており、また乙種はその中でさらに6つに細分化されています。

甲種は最も取り扱える危険物の範囲が広い、強力なものですが、その分、受験できる人には制限があります。

また丙種は一部の危険物の取り扱いができますが、あくまで自分自身が行うときに限り、他人が行う取り扱い作業を管理監督することはできません。

ということで、受験際してにとくに制限がなく誰でも受験することができ、しかも他人が行う取り扱い作業の管理監督もできる乙種を受験する人が多くなっています。

乙種には先ほど書いたとおり6つに細分化されているのですが、その中でもトラックドライバーにとって最も関係が深いだろうと思われるのが乙種4類です。

これは、ガソリン、灯油、軽油といった引火性のある液体を取り扱うのに必要となるものだからで、ドライバーとの関係性が高いということの意味が分かっていただけるでしょう。

街中でもこのような液体を積み込んだタンクローリーが走っているのを見かけることがあります。

まさに、ガソリンなどの燃料輸送に携わろうとしているドライバーにとっては切っても切り離せない関係にある資格だということができるでしょう。

汎用性という面で言えば、当然ながらガソリンなどの液体を取り扱うことができるのですから、燃料輸送に関わる者だけではなくガソリンスタンドにおいても必須といえるものです。

ちなみに、最近ではセルフスタンドも増えてきていますが、これはまさに乙類4種の資格を有するものが、一般のユーザーが自分でガソリンを入れる作業をその場でなり、あるいはカメラなどを通じて遠隔でなりの方法により管理監督しているという建て付けになっています。

試験の難易度ですが、実はこの乙類4種だけが合格率が他の乙種より低いのですが、これは別に試験問題の難易度が特に高いというわけではなく、資格を欲する人が極めて多いために見かけ上合格率が低くなっているということに過ぎません。

軽貨物トラックドライバーの種類

軽貨物トラックドライバーの仕事には様々な種類があります。

定期便と不定期便があり定期便は月曜日から金曜日まで、毎週水曜日と木曜日といった決まった曜日や日付けに配達する仕事です。

佐川急便やヤマト運輸等の大手の運送会社の下請け等や通販会社等の仕事やネットスーパー等の個人宅メインにするものや企業の本店や支店間を専属で廻る企業の仕事があります。

企業の専属で廻る仕事をルート便といい決められた配達コースを決められた順番でまわります。

ルート便の良さはコンスタントに仕事があるので比較的収入が安定します。

企業をまわるので比較的不在も少ないのが特徴です。

短距離や中距離が多いですが長距離もあります。

定期便のルート便に対して不定期な仕事をスポット便やチャーター便といいます。

スポット便は緊急な依頼が多く15時までに東京から静岡までといったものがあります。

行き先が数ヶ所ある場合もあります。

距離によって金額が変わり東京から福岡といった長距離もあります。

チャーター便はドライバーと車を貸し切る専属輸送便なので荷物を取りに行ったり配達を行うときに委託された企業にかわって荷物を運ぶ仕事です。

スポット便やチャーター便の良さは緊急の場合が多いので通常の単価より高いものもあります。

ただ不定期に仕事があるのでトラックドライバーの都合で仕事を入れる事はなかなかできません。

軽貨物トラックには種類があり車によっても受けられる仕事が変わります。

荷台を幌で囲むタイプのものは観葉植物等の背の高い鉢を運んだり単身の引っ越し便などに向いています。

防犯上の観点から荷台に鍵がかからないため他の荷物を荷台におき配達する運送会社の仕事や通販の配達には不向きです。

運転席と荷台が一体型になっているワンボックスタイプのものや荷台が箱形になっているものはほとんどの仕事がすることができます。

軽貨物は冷蔵車や冷凍車もあり一定の温度が保てる定温車もあり医薬品や検体などの輸送の仕事もあります。

軽貨物トラックドライバーは自分で車を購入し独立開業している人も多く取引先の企業によっては個人と直接契約はしないので軽貨物運送業を営んでいる企業と契約し仕事をしている人も多くいます。

ドライバーは個人で飛び込みで仕事を探す必要もなく営業経費もかからず様々な仕事を選べることもあるようです。

通販やインターネットで物を購入するのが当たり前の世の中になっているのでこれからもドライバーの仕事は増えていくといわれています。

宅配で活躍する軽貨物トラックドライバーになるには

インターネット通販の利用者が増えているので、全国各地に荷物を届ける軽貨物トラックドライバーが不足気味になっています。

求人情報サイトで探すと、高待遇の募集を行っているところが多数あるので、気になるところがあれば、応募することをおすすめします。

宅配で活躍する軽貨物トラックドライバーになるためには、何らかの資格が必要なのかと気になる方もあるでしょうが、普通免許と、軽貨物を運ぶための車があればOKなので、誰でも気軽に始めることが出来ます。

普通免許はあるけれど、車はないという方は、リース車を手配してくれる会社の求人に応募すると良いでしょう。

会社の車を利用できるので、マイカーがなくても仕事をすることが出来ます。

軽貨物というのは、一人ではとても運べないような大型商品はほとんどなく、食料品や日用品などの比較的軽めの物ばかりなので、高齢者はもちろん、女性ドライバーも多く働いています。

健康で真面目な人であれば、年齢制限や性別は特に関係ないので、求人情報サイトで良い条件の募集を見つけたら、誰かに先を越される前に応募するようにしましょう。

仕事内容は就職した会社によって違うので、募集要項をよく読んでから応募するようにしてください。

近年はインターネット通販やテレビショッピング、ネットオークションの商品を、個人や法人のお客様のもとに届ける宅配の仕事が増えています。

狭い範囲の配送エリアに限られ、走行距離も短めのところで働けば、長距離移動で疲れることはないですし、ガソリン代も最低限で済むでしょう。

引越しのお手伝いをする仕事の場合は、大家族ではなく、主に一人暮らしをしている方の荷物を運ぶので、それほどたくさんの量があるわけではありません。

しかし家電や家具などは非常に重いので、それなりの体力が必要になります。

その代わりに軽い荷物しか運ばない宅配に比べると、高い給与をもらうことが出来ます。

荷物に高さがある場合は、それを運搬できるような、少し大きめのタイプの車両で仕事をしなければなりません。

他にも、ルート便やスポット便、チャーター便などの仕事もあります。

定期的に毎日決まったルートで取引先に配送を行うのがルート便で、単発で荷物を配送するのがスポット便になります。

チャーター便は、貸切契約を結んで目的地まで荷物を届ける仕事になので、軽貨物トラックドライバーといっても、それぞれ違ったタイプの仕事を行います。

どれも慣れればそれほど難しくはないので、まずは求人情報サイトで探してみるようにしましょう。